太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

メガソーラー開発者が語るファーウェイPCSの魅力

2016.10.05

PVeyePR

 発電事業を展開するいちごECOエナジーと有力EPCのJFEプラントエンジ。発電所開発で協業する両社が今年12月に稼働予定のメガソーラーでファーウェイ(華為技術)製のPCS(パワーコンディショナ)を採用した。いちごECOの五島英一郎社長とJFEの飯田修取締役がファーウェイPCSの魅力を語った。

五島氏●当社は2012年11月に、いちごグループでクリーンエネルギー事業を担う会社として設立され、今年7月までに30ヵ所、約49MWの太陽光発電所を運開させました。現在開発中の発電所を含めると36発電所、約113MWが確定しております。

飯田氏●当社『JFEプラントエンジ』は、JFEスチールのグループ会社で、JFE電制とJFEメカニカルの統合によって今年4月にスタートを切りました。旧JFE電制は、太陽光発電所の建設を1999年から手掛け、昨年までに242MWの施工実績を上げています。

五島氏●当社は、品質とコストのバランスが優れた製品を常に探しており、日本製にこだわりはありません。PCSは、分散型が主流になりつつありますが、すぐに飛びついたわけではなく、安心して導入できるか、数社検討したうえでファーウェイを選びました。実際に飯田さんと中国深圳市でファーウェイのPCSの製造工程も見せてもらい、これならばと思いましたね。

飯田氏●ファーウェイは検査工程のスペースを充分確保していました。パーツを検査し、組み上げてから再度検査してと、段階を踏んでいたのは印象的でした。

五島氏●広島県世羅郡の2.5MWと2.8MWの太陽光発電所でファーウェイ製PCSを導入します。

飯田氏●当社も今回ファーウェイのPCSを初めて扱います。当初は、なぜ通信機器メーカーがPCSをつくるのか、品質面で不安もあったのですが、ファーウェイの製品は故障が少なくメンテナンス性も良いと評判だったので懸念が薄れていきました。ただ、採用の決め手はエアコンレスでした。
 私は製鉄所の電子機器をメンテナンスしてきた経験上、エアコンなしでPCSのような制御装置を使えるはずはないと思っていました。しかし、中小型PCSであれば、確かに発熱量が大型機に比べて少ない。加えて、ファーウェイのPCSにはファンがなく自然放熱式ですから部品交換の手間も費用もかかりません。エアコンレスで消費電力が少なく故障も少ないので、お客様にとってメリットが大きいと思ったのです。

五島氏●大型機の場合はメンテナンス費用が嵩みますが、分散型の中小型機は交換費用だけを考慮すればよい。とくにファーウェイのPCSは交換費用が少ないので、メンテナンス費用は大型機の半分以下に抑えられると思います。

飯田氏●メンテナンスにおいては今回ファーウェイのPCSに搭載される『スマート診断』が有効です。I‒Vカーブ測定と自動故障診断機能がついているからです。

五島氏●我々は、稼働後3年が経過した発電所を対象にパネルの故障をチェックしていますが、それなりに費用がかかります。ファーウェイ製PCSの新機能があれば、その作業が大幅に軽減できるでしょうね。
 故障という点では、当然PCSも故障します。だから我々が重視するのは故障時のメーカーの対応なのです。ファーウェイには、壊れた場合どの程度で新品を届けてもらえるのか約束してほしいと、厳しい要求をしました。それに対してファーウェイから納得のいく答えをもらえた点も採用を決めた大きな理由です。

飯田氏●ファーウェイは長く通信機器を日本で販売しているので、メンテナンス体制は他の海外メーカーよりしっかりしているのではないでしょうか。PCSが故障すると、回収して新品に取り換えるというシンプルなものです。サイトに1、2台予備のPCSを置いておけば、故障時は即対応でき、復旧時間をさらに短縮できます。大型機に比べれば、発電量低下の影響を大幅に軽減できるでしょうね。
 ファーウェイは、PCSの耐久性にも自信があるようです。通信機器分野では、屋外の基地局へ製品を販売してきた実績があるので、過酷な環境下で電子機器を動かし続けるノウハウが豊富にあるのでしょう。

五島氏●施工面に関しても、分散型の中小型PCSを使えば、集電箱や接続箱が不
要になるため、配線工事も合理化できます。重機が要らない点は大きいですね。

飯田氏●はい。当社は30度の傾斜地に太陽光発電所を建設した経験がありますがその際大型機を採用しました。PCSは平らな場所に設置しなければならなかったので、離れた平地に置き、長い配線を引かざるを得ませんでした。1台の重量が55㎏のファーウェイのPCSは架台下に設置でき、配線の手間も少なく、傾斜地での施工も楽になります。

五島氏●確かに軽い点は重要です。三重県津市で産業廃棄物の跡地に建設を計画しています。地中に様々な廃棄物が埋まっていて、地盤が悪い場所では、荷重が1ヵ所にかからないことが大事です。大型機であれば、運ぶために地盤を固める必要さえありますから。

飯田氏●ファーウェイ製PCSに搭載されている4回路MPPT回路も重要な装備です。最近は敷地にできるだけパネルを敷いて欲しいという方が多いからです。この要望に対して、大型機で設計すると、パネル自身の影が傍のパネルにかかり、出力が低下したパネルに引っ張られて発電量が大幅に落ちてしまいますが、ファーウェイのPCSを使えば、MPPT回路数が多いため、影の影響を抑えられます。

五島氏●今後PCSで技術革新はなかなか起こらないでしょうが、ファーウェイには期待してしまいます。差しあたって1500V対応型の開発でしょうか。
 FITの買取り価格は減額されましたが、世界的に見れば高い水準ですし、何よりこの1年でシステム価格が大幅に下がりました。だから当社はまだまだ開発を続けていきます。
来年3月に認定が失効される案件がどの程度あるかによって太陽光市場は多少変わるでしょうが、いずれにせよ、市場は消滅しないまでも、投機は3月で完全に終わり、その後は長期の投資として見ていかなければならないでしょうね。

飯田氏●今後は怪しげな案件がなくなり、貴社のように信頼できる事業者からの依頼しか残らなくなるでしょうが、我々EPCに対するコスト要求は強まり、EPCの淘汰が進むはずです。しかし、太陽光パネルの価格はW単価40円台にまで下がっていますし、さらにファーウェイのPCSを使えば、まだまだ開発できます。チャンスは充分あると思っています。

2017.04.28

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、6月8日開幕 2日間、東京コンファレンスセンター・有明で

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが6月8日から9日にかけ、東京コンファレンスセンター・有明で開幕する。世界各国からO&M業者やディベロッパ、発電事業者続きを読む

2017.04.27

PVeye

ガイアパワーら4社、鹿児島で太陽光発電所起工式 九州最大級92MW

 ガイアパワー(藤崎耕治社長)と京セラ(谷本秀夫社長)、九電工(西松松次社長)、東京センチュリー(浅田俊一社長)は4月27日、鹿児島県鹿屋市において、九州最大級となる出力約92MWの太陽光発電所の起工続きを読む

no image

2017.04.21

PVeye

経産省、FIT認定失効の暫定推計値を公表 27.7GWが認定失効と推計

 経済産業省は4月21日、改正FIT法施行に伴う認定失効についての暫定推計値を公表、27.7GWと推計した。未稼働案件の約半分が認定失効した模様だ。
 今回のFIT改正により、2017年続きを読む

2017.04.19

PVeye

TMEIC、電極接合装置3台を受注 世界最大のCIGS太陽電池工場向けに

 東芝三菱電機産業システム(東京都中央区、山脇雅彦社長、以下TMEIC)は4月19日、中国建築材料集団傘下のCIGS薄膜太陽電池メーカーであるTriumph PV Materials社向けに、電極接合続きを読む

no image

2017.04.19

PVeye

SBエナジー、米インベナジー日本法人と太陽光発電事業 福島と長野、合計21MW

 ソフトバンクグループのSBエナジー(東京都港区、孫正義社長)は4月19日、自然エネルギー発電事業を手掛ける米国・インベナジーの日本法人であるインベナジー・ジャパン(東京都千代田区、天野明職務執行者)続きを読む

no image

2017.04.17

PVeye

新生銀行ら約74億円のプロファイ組成 山形県酒田市の1.2MW発電所を28.5MWに増設

 新生銀行(工藤英之社長)は4月17日、山形県酒田市に建設される発電容量約28.5MWの大規模太陽光発電所に対するPF(プロジェクト・ファイナンス)を組成したと発表した。3月3日にPFに係る融資関連契続きを読む

no image

2017.04.12

PVeye

Looop、茨城の8.8MW発電所連系 GEの1500V対応PCS採用

 Looop(東京都文京区、中村創一郎社長)は4月12日、茨城県水戸市鯉淵町において、総出力8.8MWの太陽光発電所を系統連系したと発表した。同社最大規模の自社発電所であり、直流電圧1500Vを採用し続きを読む

2017.04.12

PVeye

ソーラーフロンティア、米国で40MWプロジェクト販売

 昭和シェル石油グル―プでCIS薄膜太陽電池大手のソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は4月12日、米国カリフォルニア州インペリアル郡において、40MW規模の「ミッドウェイII太陽光発電プ続きを読む

2017.04.10

PVeye

NTTスマイル、O&M支援サービスに料金請求代行メニュー追加

 太陽光発電向け遠隔監視サービス大手のNTTスマイルエナジー(大阪市中央区、谷口裕昭社長)は4月10日、 太陽光発電システムの販売会社向けO&M(管理・保守)支援サービスである『エコめがね見守りアラカ続きを読む

2017.04.06

PVeye

シャープ、住宅向け蓄電システムと太陽光パネルの新製品発売

 シャープ(大阪府堺市、戴正呉社長)は、住宅用エネルギー機器のラインナップを拡充した。クラウド蓄電池システムや単結晶太陽光パネルなど4機種を新たに発売する。太陽光エネルギーの自家消費利用やZEH(ネッ続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2017年5月号

O&M時代始まる問われる自覚と責任

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ