太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

PCS世界トップ SMAの分散攻勢 コストと機能 二正面で高圧市場を掌握

2017.07.25

PVeyePR

 PCS(パワーコンディショナ)世界トップメーカーの独SMAが、分散設置向けにコスト重視の60kW機と機能重視の50kW機を発売する。コストと機能の二正面戦略で高圧太陽光発電所市場を掌握する狙いだ。

 いまや高圧太陽光発電所における中型PCSの分散設置は常識。それゆえ、メーカーの開発競争も過熱しているようだが、世界トップSMAの新製品は、他社と一線を画する。とりわけ、定格出力60kWの『SunnyTripower60』と、同50kWの『SunnyTripowerCORE1』は注目だ。
 まず60kW機は、SMAジャパンの豊原秀彦セールスダイレクターが「徹底して割り切った」というように、接続箱機能を外し、MPPT(最大電力点追従)機能も1つに絞ったシンプルな製品だ。一見すると、スペックダウンであるが、これには狙いがあった。
 一般に、太陽光パネルでつくられた直流電流は、直流ケーブルを経由してPCSへ流れ、PCSで交流電流に変換された後、交流ケーブルを伝ってトランスへ送られる。接続箱を内蔵した中型PCSを使うと、ストリング付近にPCSを設置するため、PCSからトランスまでの交流ケーブルが長くなり、ケーブルコストが嵩んでしまう。
 SMAの60kW機はこの課題を払拭した。接続箱機能をPCSから外したことによって、ストリング付近に接続箱を、トランス付近にPCSを配置できる。接続箱とPCSの距離は長くなるが、ロスの少ない直流ケーブル1本に集約できるうえ、何より割高な交流ケーブルが短くなる。ケーブルコストの削減に繋がる。
 しかも60kW機の価格は「機能を抑えた分、競合製品より安い」(豊原セールスダイレクター)。重量も75㎏と軽く、施工し易いのだ。平地などに一定の直列数で太陽光パネルを敷く場合、60kW機を活用すれば、施工費の大幅削減が実現する。いうなれば、分散設計の利点と大型PCSによる競争力を併せ持つ製品といえよう。
 一方の50kW機は、60kW機と真逆。各々2つの入力端子を持つMPPT回路を6つ搭載し、入力電圧範囲も150〜1000Vと広い高機能品だ。さらに、PCS設定をスマートフォンやタブレット経由で行うためにWi‒Fiを内蔵。これにより、太陽光発電設備のセットアップの簡易化が実現する。
 豊原セールスダイレクターは、「ゴルフ場跡地など、造成費を抑えつつ、目一杯パネルを並べたい場合や、工場や商業施設の屋上を活用したミドルソーラーなどに有効です」とアピールする。
 SMAジャパンは、『SunnyTripower60』を7月に、『SunnyTripowerCORE1』を9月に出荷開始する予定である。

手厚いサポートと異例の過積載保証

 こうした魅力的な新製品を発売する傍ら、SMAはアフターサポートを強化、今年6月から『安心安全パッケージ』の提供を始めた。これは、20年に亘ってSMAがPCSを保証するエンドユーザー向けの有償サービスで、今回は内容を大幅に追加した。
 従来は、PCSがユーザー先で壊れた場合、すぐに代替品を送り届け、壊れた製品を回収するセンドバック対応のみであったが、今回は、これに、機器交換・修理の現場対応と災害補償を加え、すべて20年間サポートする異例の手厚いサービスである。
 豊原セールスダイレクターは、「これでエンドユーザーさんはほぼノーリスクになるでしょう」とし、「エンドユーザーさんと施工業者さんとのO&M(管理・保守)契約の内容によっては、PCSの取り換え作業は施工業者さんが行うケースもあります。この場合、保証限度額を上限に、出張作業料は施工業者さんに払われます」と説明する。
 この手厚いアフターサポートに加え、低圧発電所向けに展開を強める同社が打ち出したもうひとつのアプローチが、過積載保証だ。
 太陽光パネルの設備容量をPCSの定格出力の1.5倍以上にする過積載は、常識になりつつあるが、なかには過積載発電所でのPCSを認めないメーカーも存在する。というのも、過積載発電所でPCSを使用すると、定格出力時の稼働時間が長くなり、PCSの寿命が短くなりかねないからだ。
 そんななか、SMAは、定格出力3.5kW、4.5kW、5.4kWの単相PCS、『SunnyBoy』はどれも過積載率200%を、三相の25kW機は過積載率180%を保証したのだ。
 豊原セールスダイレクターは、「そもそも、当社のPCSは変換効率が高く、独自の冷却方式を導入しているので、構造上、熱の影響を受けにくいのです。過積載についてはすでに加速試験で20年間影響ないことを確認済です」と自信を見せる。
 このほか、SMAジャパンは、大型PCS『SunnyCentral』でも、1500Vに対応した特別高圧専用PCS2500kW機と『MVPowerStation』を18年初にも発売する。昇圧トランス、スイッチギアをコンテナに納めてパッケージ化したもの。大幅なコスト低減を実現した。

SMAジャパン株式会社
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビル8F
http://www.sma-japan.com

2017.11.01

PVeyePR

出力抑制、コスト、ZEH対応… オーナーの悩みはSMAパワコンで解消!

 太陽光オーナーにとって朗報だ。出力抑制やコスト低減、ZEH対応など、悩みを解決してくれる待望の新商材が登場した。提供してくれるのはパワコン世界トップメーカーの独SMAだ。新商材の魅力に迫る。
続きを読む

2017.11.01

PVeye

新栄電子、内部抵抗測定の専用器 18年年初発売へ

 パネル検査器の製販を手掛ける新栄電子計測器(神奈川県藤沢市、成勢幸一郎社長)が、年明けにもシステム電圧1000V対応の内部抵抗測定器を発売する。I-V測定器に備わっている付帯機能を分離し、単体の機器続きを読む

no image

2017.10.13

PVeye

ラプラス、高圧向け監視パッケージ発売

 太陽光発電所向けに監視装置を開発・販売するラプラス・システム(京都市伏見区、堀井雅行社長)は10月13日、高圧発電所向けの監視パッケージを発売した。容量別に3種類を揃えた。パッケージ化により低価格で続きを読む

no image

2017.10.11

PVeye

山洋電気、風力・水力発電用パワコン開発

 山洋電気(東京都豊島区、山本茂生社長)は10月11日、風力発電及び水力発電システム用PCS(パワーコンディショナ)を開発したと発表した。
 同社がこのほど新開発した三相PCS「SANU続きを読む

2017.10.01

PVeye

パナソニックエコソリューションズ社、創蓄連携システム新製品蓄電池の後付け可能なPCS発売へ

 パナソニックエコソリューションズ社は、10月23日より蓄電池を後から設置できる創蓄連携システムの新製品の販売を開始する。業界初となる蓄電池を後から繋げる一体型PCS(パワーコンディショナ)であり、F続きを読む

2017.10.01

PVeye

オムロン、蓄電システム新製品 9.8kWhタイプ

 オムロン(京都市下京区、山田義仁社長)は、充放電能力を従来比1.2倍に向上させたリチウムイオン蓄電システムの新製品を開発、10月より販売を開始する。VPP(仮想発電所)などの新用途や自家消費需要に対続きを読む

2017.10.01

PVeye

サンテックパワージャパン、産業用パネル2種発売

 サンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオ・ジャン社長)は8月、産業用向け多結晶シリコン型の新型パネル2種を売り出した。新製品は5本バスバーセルを採用、従来品と比べ出力が5~10W、変換効率は0.続きを読む

2017.10.01

PVeye

オーエス、可搬型太陽電池とLED付き蓄電池をセット発売

 映像機器メーカーのオーエス(大阪市、奥村正之社長)は8月25日、可搬型のアモルファスシリコン太陽電池シートと、同シートで発電した電気をためるLED照明付き蓄電池をセットで発売した。ウェブサイトや防災続きを読む

2017.09.21

PVeye

デルタ電子、特高向け80kW機を1月出荷開始へ

 太陽光発電向けPCS(パワーコンディショナ)メーカーのデルタ電子(東京都港区、柯進興社長)は9月21日、大阪市内で製品説明会を開き、新製品のPCS80kW機を紹介した。従来の20kW機や50kW機よ続きを読む

2017.09.01

PVeyePR

世界トップSMAが低圧市場に本格参戦! 待望の24.5kWPCS 11月出荷開始へ

 PCS(パワーコンディショナ)世界最大手の独SMAが低圧太陽光発電所向けに三相24
.5kWPCSを出荷開始する。低圧50kW設備を同機2台で構成すると、従来の9.9kWPCS5台使用続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2017年12月号

斜陽のメガソーラー このまま終わるのか!?

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ