太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

[特別対談第17回]SMAジャパン今津武士代表取締役社長×ESI土肥宏吉社長 太陽光、基幹電源への課題

2017.09.01

PVeyePR

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長とキーパーソンの特別対談。今回はPCS(パワーコンディショナ)の製販で世界トップを走る独SMAの日本法人、SMAジャパンの今津武士社長だ。太陽光発電が基幹電源になるために超えるべき課題とは何か、意見を交わした。

土肥氏●FITが始動して5年が経過し、製品の品質、施工の品質は向上し、コストも劇的に下がりました。ただ、太陽光発電が日本の基幹電源として電力インフラの一端を担えるようになるためには、まだまだ課題があります。太陽光発電の大量導入による系統安定化対策もあれば、太陽光発電所が周辺環境に悪影響を与え、地元住民から不満の声が上がっているといった問題もあります。
 そこで今回は、太陽光発電所の心臓部であるPCSを世界各国に拡販され、各地で広く支持されていらっしゃる貴社に、太陽光発電が基幹電源になるためには何が必要か、設備メーカーのお立場からお話しいただければと思います。

今津氏●ここ数年、日本の太陽光発電市場は急速に拡大し、異業種からの新規参入が相次いだので、確かに、経験の浅い方が建設された、批判されても仕方のない太陽光発電所もあります。
 ただ、EPC(設計・調達・建設)業者さんを訪問させていただき、最近思うのは、事業者さんへの利益の最大化はもちろん、電力インフラや周辺環境への影響まで細かく考慮されている点です。深堀した議論をされていらっしゃるので、非常によい傾向だと思います。

土肥氏●議論を深めれば深めるほど、PCSは貴社の製品に行き着くのではないでしょうか。当社はいま、アフリカで複数の業者と案件開発を進めているのですが、温度特性や環境特性、パネルとの相性など、様々な条件を考慮すると、最終的に貴社の25kW機が最適だという結論に至りました。
 貴社は世界で最も競争が厳しいとされるインド市場で年間1GW販売されていらっしゃるようですが、その意味がよく分かります。

今津氏●それは非常にありがたいことです。実は土肥さんにお伝えしたいことがありまして。間もなく系統連系用のソリューションを日本で発表します。蓄電池メーカーさんや電機メーカーさんと協議を重ね、9月1日(東京)と4日(大阪)に蓄電池とPCSによる新しいソリューションを含めた大型PCSの発表会を開きます。今回の商品は、数十MW規模の大型蓄電池を系統とつなげて出し入れをするPCSです。まさに太陽光発電が基幹電源として成長していくうえで欠かせないソリューションです。SMAは日本の系統安定化のために貢献していきます。

土肥氏●それはとても楽しみですね。世界を見れば、新設される発電所のなかで、最も多いのが太陽光発電所です。もはや電力インフラとしていかに太陽光発電を使いこなしていくかという時代に入ったと私は実感しています。そのなかで、日本は蓄電池を活用していこうという方向でしょうから、貴社の新しいソリューションは意義深いものだと思います。
 実際、当社にも、北海道で案件を開発しておられるお客様がいらっしゃいまして、ちょうど、どう進めていくべきか、議論しているところでした。
 ところで、貴社は日本に進出されて6年目になりますが、サービスの方が増えられたと聞いていますが。

今津氏●日本法人は、40名体制ですが、フィールドサービスとアフターサービス合わせて12名です。このほか30名のサービスパートナーさんが全国にいらっしゃるので、あわせて40名以上のサービスメンバーが万が一のトラブルにもすぐに駆けつけて対応できます。
 冒頭の発電所が与える周辺環境への影響ですが、PCSに関しては、大型機の音や電波ノイズが問題になることがあります。理由は、大規模な発電所は民家のないところに建設されるため、工業地域用にPCSも設計されているのです。
 当社は様々なお客様から宿題をいただき、日本では日本向け専用品を販売しています。すなわち、音対策として特別に開発したサイレンサを標準搭載させ、電波ノイズもノイズを低減させるコンポーネンツを標準で組み込んでいます。
 大型PCSを住居地域に建設されることもあるようで、それによって周辺の住民の方々に迷惑がかかっているケースがあるかもしれません。太陽光発電を日本に根づかせていくために、メーカーとしても取り組むべきことがまだまだあるように思います。

土肥氏●そうですね。ただ、これについて、私はメーカーさんだけの責任では無く、太陽光業界の各関係者がそれぞれ真摯に対処していくべきだと考えます。大型PCSであれば騒音問題や電波ノイズによるAMラジオ等へ影響する可能性もありますので、諸条件を考慮してEPC業者さんや太陽光発電所のオーナーさんは、設計時より周辺環境へ配慮する事で影響を防ぐ事も可能です。太陽光パネルの東西設置も、東西方向に民家があればパネルの反射光の問題を考慮する必要があります。
 塩害地域や積雪地域に太陽光発電所を建設する場合は、皆さん周辺の環境に敏感になられるのですが、騒音やノイズに関することは、ポコッと抜け落ちている気がします。高圧発電所や低圧発電所は数が多いので、周辺住民の方々への影響について、一層気を配るべきだと思います。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065 FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

no image

2017.09.07

PVeye

パナソニック、滋賀のパネル工場閉鎖 国内生産から撤退

 パナソニック(大阪府門真市、津賀一宏社長)は9月7日、太陽光パネルを製造する滋賀工場を来年3月に閉鎖すると発表した。車載用を除きパネルの国内生産から撤退する。パネルの市場価格が下落し続ける中、人件費続きを読む

no image

2017.09.05

PVeye

三菱UFJリースら3社で国内最大級メガソーラー建設

 三菱UFJリースは9月5日、東急不動産、日本グリーン電力開発と3社で北海道釧路町に出力約92MWのメガソーラーを共同で建設したと発表した。町内の約163.2万㎡の遊休地を活用した。2019年度内の運続きを読む

2017.09.04

PVeye

いちご、群馬で大型メガソーラー稼働 出力43MW

 いちご(スコット・キャロン会長)は9月4日、子会社のいちごECOエナジーが群馬県昭和村で出力43.3MWの太陽光発電所を建設し、売電を開始したと発表した。これで同社グループが保有する発電所は34基、続きを読む

2017.09.01

PVeyePR

アンフィニの大望 福島工場を「世界一」に

 太陽光パネルメーカー、アンフィニ(大阪市浪速区、親川智行社長)の福島新工場建設。市場が縮小しているだけに、大胆な決断のようにも思えるが、同社の親川社長には確かな勝算と大望があった。
<続きを読む

2017.08.31

PVeye

サステナジー、宮城・登米で営農用太陽光開始

 再生可能エネルギー事業を展開するサステナジー(東京都港区、山口勝洋代表)は8月31日、営農用太陽光発電事業を開始すると発表した。宮城県登米市と加美郡の耕作放棄地各2haを借り受け、それぞれ2MW、計続きを読む

no image

2017.08.25

PVeye

エナジービジョン、野原HDと雑草対策セミナー開催へ

 販売・施工店の全国ネットワーク、職人革命会を主催するエナジービジョン(東京都千代田区、奥山恭之社長)は8月29日、低圧発電所向けの雑草対策セミナーを野原ホールディングスと共同で開催する。『職人革命会続きを読む

no image

2017.08.14

PVeye

日本ハウスグループが倒産 負債9000万円

 太陽光発電設備を販売する日本ハウスグループ(新潟市中央区、石黒豊和社長)は7月28日、新潟県地方裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。負債総額は約9000万円である。
 同社は13年続きを読む

2017.08.01

PVeyePR

[特別対談第16回] 外資の対日進出成功の鍵 カナディアン・ソーラー・ジャパン山本豊社長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、早くから日本に進出して成功した外資系太陽光パネルメーカー、カナディアン・ソーラー・ジャパンの山本豊社長をお迎えして、外資企業続きを読む

2017.07.26

PVeye

TMEIC、米国にPCS新工場 8月より生産開始へ

 東芝三菱電機産業システム(東京都中央区、山脇雅彦社長、=TMEIC)は7月26日、米国テキサス州ケーティ市に太陽光発電用PCS(パワーコンディショナ)などを製造するパワーエレクトロニクスの新工場を建続きを読む

2017.07.25

PVeyePR

山佐のメガソーラー開発力 系統協議からシステム設計まで万全 777MW目途、1GW視野

 メガソーラー開発を推し進める山佐(岡山県新見市、佐野慎一社長)は、事業化の目途のたった案件も含めると、太陽光発電所の保有規模が777MWに達した。系統制約からシステム設計まで、開発力は他社と一線を画続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2017年9月号

太陽光発電の支持率回復へ!今放て〝3本の矢〟

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ