太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

新たな時代を切り拓く! 屋根上太陽光の魅力と可能性

2017.11.01

PVeyePR

 世界トップの高性能パネルを製造する米サンパワー社と、先進的な屋根借り発電事業を展開する第二電力。協業する両社は、屋根上の太陽光発電に可能性を見出している。サンパワージャパンの田尻新吾社長と第二電力の寺井宏隆会長が意見を交わした。

田尻氏●FITが始動して5年が経過し、メガソーラーの新規開発は減ってきましたが、低圧太陽光発電は依然堅調です。今後も屋根上設置に可能性があると思っていまして、第二電力さんの取り組みこそ、市場を切り拓く新しいモデルになると、期待しています。では、貴社の事業モデルについて、説明いただけますでしょうか。

寺井氏●当社は設立5年目のベンチャー企業ですが、これまで低圧太陽光発電設備を900ヵ所近い屋根に設置してきました。
 事業モデルは、まず当社が、中小企業の工場や倉庫の屋根をお借りして太陽光発電設備の設計、施工、保守点検を手掛けます。さらにSPC(特別目的会社)を立ち上げ、そこに屋根の貸借契約と太陽光発電設備を集約します。SPCは銀行融資や出資を受けて設備を運営し、FIT売電の収入で、屋根の賃料や金利、配当金などを払うわけです。
 特徴的なのが、1つのSPCで50〜60億円の資金を調達し、屋根上の低圧太陽光発電所を300〜400サイト運営していること。そしてSPCはしっかりと収益を生む事業となり得るため、出資していただく企業さんにとっても、充分魅力があると思っています。
 第1号案件ではシナネンさんが出資をされ、第2号案件では、米国大手企業が自社の環境対策への取り組みの一環として出資されています。そして現在次の案件を進めているところです。

田尻氏●貴社の屋根借りモデルがユニークなのは、有効利用されていない屋根の上にメガソーラーに相当する発電設備をまとめられ、何より屋根のオーナーには一切の負担なく設備を取りつけておられる点でしょう。
 特に、メガソーラー建設は電力需要の少ない地域に電源をつくることになりますが、屋根上ソーラーは需要地に供給設備を置けるので地産地消が実現します。今後、FITに頼らない事業モデルへの進化が可能になると思います。
 ともあれ、貴社が屋根借りモデルを成立されていらっしゃることそれ自体に興味があります。屋根借りモデルの実施は、現実には難しく、構想はあってもなかなか実現していません。どのように進めてこられたのでしょうか。

寺井氏●屋根借りモデルが普及しなかったのは、登記上の問題です。日本の法律では、土地に建てた建物は登記できるのですが、建物の上の屋根だけを登記することはできません。登記できないものは担保としての適格性に欠けるという理由で、銀行からの融資が得られず、屋根借りモデルが進まなかったのです。
 我々は、キャッシュフローの予測のなかに、屋根借りが継続できないリスクを織り込みました。屋根の貸し手となる企業が倒産し、さらに建物を引き継ぐ者も見つからず、発電事業が中断してしまう確率を定量化し、事業計画に盛り込んだのです。この計算手法を金融機関と共に討議し、作りあげた結果、融資いただけるようになったのです。

田尻氏●もうひとつお伺いしたいのは、企業からどのようにして屋根を借りていらっしゃるのかという点です。土地の売買は行われていますが、屋根の貸し借りは一般的ではありません。非常に難しいように思うのですが。

寺井氏●地道に本事業に適した屋根を特定し、屋根の所有者に提案営業しています。責任者に直接説明する段階まで進めることができると、高い確率で承諾が得られますね。
というのも、我々は屋根に設備を設置する前に塗装をして差し上げるのです。錆び止め塗装を1回、上塗り塗装を2回の計3回実施するので、100万〜200万円かかりますが、これを原則無償で行います。そしてもちろん屋根の賃貸料をオーナーさんに支払いますが、それよりもオーナーさんにとっては、いま申し上げた無償塗装のメリットが大きく、さらに、パネルを屋根に設置すると建物内の断熱効果が高まり、冷暖房の効率がよくなるといったメリットも享受していただけます。
 先ほど述べた通り、SPCは事業として運営していくので、設備に対する信頼性が非常に重要です。パネルの出力から実際にどれだけ発電するのかという実発電量は、事業の要となります。その点、サンパワーさんのパネルは安心です。実績やデータを豊富にお持ちで、特にシミュレーション値以上に発電するパフォーマンスは大きな魅力です。また製やデータの魅力だけでなく、サンパワーさんがビジネスパートナーとして、我々のニーズに合致する様々な提案をして下さることにも、大きな信頼を置いています。

田尻氏●そうおっしゃっていただけると、非常にありがたいですね。我々も、第二電力さんからフィ―ドバックいただく現場の発電実績やニーズは貴重な情報で、新製品の開発に役立っています。例えば来年には影に強いパネルの販売を開始予定ですが、引き続き第二電力さんのニーズに合致した提案をし、協業関係を継続させていただきたいと思います。そしてこれからも太陽光発電の普及拡大に貢献していく所存です。

サンパワージャパン株式会社
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー26階
TEL:03-4578-3278
http://www.sunpowercorp.jp
Email:marketing.jp@sunpowercorp.com

2018.07.17

PVeye

京セラTCL、宮城県の28MW発電所稼働

 東京センチュリー(東京都千代田区、浅田俊一社長)と京セラ(京都府京都市、谷本秀夫社長)が共同出資する京セラTCLソーラーは7月17日、宮城県黒川郡において、出力約28MWの太陽光発電所が運転を開始し続きを読む

no image

2018.07.06

PVeye

東急不動産、政投銀と共同事業 7ヵ所180MW

 東急不動産(東京都港区、大隈郁仁社長)は7月6日、日本政策投資銀行(東京都千代田区、渡辺一社長)との共同出資で太陽光発電事業の保有・運営事業を推進すると発表した。対象となるのは、日本国内で稼働中及び続きを読む

no image

2018.07.02

PVeye

中ジンコ、総額53億円のシンジケートローン 日本法人の運転資金に

 太陽光パネル世界最大手である中国・ジンコソーラーは7月2日、三井住友銀行が幹事を務める銀行コンソーシアムとの間で最大2年総額53億円のシンジケートローンに調印したと発表した。
 日本法続きを読む

2018.07.02

PVeye

オリックス、新潟県で55.6MW発電所稼働

 再生可能エネルギー発電事業を手掛けるオリックス(東京都港区、井上亮社長)は7月2日、新潟市西区四ツ郷屋に建設していた最大出力55.6MWの大規模太陽光発電所が運転を開始したと発表した。新潟県内で最大続きを読む

2018.07.01

PVeyePR

[特別対談第26回]高性能という価値 LGエレクトロニクスジャパン楠山恭央 Energy Business Part部長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、世界トップクラスの高性能パネルを量産する韓LGエレクトロニクスの日本法人でエネルギー事業部門を担当する楠山恭央部長だ。高性能続きを読む

2018.07.01

PVeyePR

〝長野の雄〟がファーウェイのPCSを選んだ理由

 太陽光発電所の建設で長野トップの実績を誇るサンジュニアが、ファーウェイのPCSを本格採用し始めた。なぜファーウェイなのか。西原弘樹社長に聞いた。

 1981年に創業した続きを読む

no image

2018.06.26

PVeye

中ジンコ、岩手県宮古市の15.6MW発電所にパネル供給

 太陽光パネル世界最大手である中国・ジンコソーラーは6月26日、岩手県宮古市の出力15.6MWの太陽光発電所に太陽光パネルを供給したと発表した。
 同社がパネルを供給した太陽光発電所は出続きを読む

no image

2018.06.22

PVeye

NECグループ、大規模太陽光発電所のEPC受注 46.6MW、117億円

 NECグループで太陽光発電所のEPC(設計・調達・建設)を手掛けるNECネッツエスアイ(東京都文京区、牛島祐之社長)は6月22日、ソネディックス・ジャパン(東京都港区、石館睦男会長)らが開発している続きを読む

no image

2018.06.19

PVeye

北日本石油、中標津油槽所内に50kW発電所

 北日本石油(東京都中央区、渡邉勇人社長)は6月19日、北海道中標津町にて太陽光発電所の運転を開始したと発表した。
 同社は、北海道標津郡中標津町の中標津油槽所内に設備容量51.84kW続きを読む

no image

2018.06.14

PVeye

日本コムシス、岩手県で20MW発電所稼働

 日本コムシス(東京都品川区、加賀谷卓社長)は6月14日、岩手県金ケ崎町にて出力20MWの太陽光発電所を完成させたと発表した。同社グループにとって18か所目の自社太陽光発電所である。
 続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年8月号

芽吹く自家消費 法人攻略のツボ

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ