太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

JPEA、平成30年新春交流会開催

2018.01.23

PVeye

 太陽光発電協会(平野敦彦代表理事、以下JPEA)は1月23日、東京都千代田区の東海大学校友会館にて、平成30年新春交流会を開催した。会員企業や来賓など多くの関係者が詰めかけた。
 冒頭壇上に立った平野敦彦代表理事は、「昨年4月に施行された改正FIT法は、太陽光発電がより持続性や確実性のある基幹電力として成長していくための大きな一歩だと受け止めている。またパリ協定以降、再生可能エネルギーの大量導入が世界的に不可逆な流れとなった」と2017年を振り返りつつ、JPEAが掲げる2050年時点での累計200GW導入を実現するために乗り越えるべき課題を指摘。平野代表理事は、「2030年の再エネ電源は間違いなく主力電源。(2030年の再エネ導入目標値である)22~24%にとどまらない高い目標を設定し、技術革新と需要創出につなげていくことが極めて重要だ。需要創出には、他電源に勝る低廉なシステムコストを早期に実現しなければならない。技術革新や商品開発の速度を速めるとともに、流通段階でも知恵を絞っていくべきだろう。また、さらなる導入拡大を図るためにも電力系統へ公平にアクセスできる状況を整える必要がある。既存系統を最大限結用していくことを前提に、一定の条件下で系統への接続を認める、いわゆる『日本版コネクト&マネージ』を早期に具現化しなければならない」と述べた。
 さらにFITの買取り期間を終了した住宅用太陽光ユーザーの受入れ準備についても触れ、「来年にはFITが終了する住宅用太陽光発電設備が多く生まれる。設置者に対し、正しく周知する必要がある。行政には消費者マインドを冷やさないよう対策をお願いしたい。FITから自立することで再エネ価値が広く国民に受容される契機になると期待している。アグリゲーションビジネスなどが本格的に浸透するとも想定しているが、政策面でもこれらの流れを加速する制度設計をお願いしたい」としたうえで、「それ以外にも、安全性や廃棄時の処理に関する対応も極めて重要。我々も大量導入にあたり、将来に向けた課題に対する切な対応策を検討し、提案していく」と挨拶した。
 続いて来賓を代表し、経済産業省資源エネルギー庁の高科淳省エネルギー・新エネルギー部長が挨拶。「FITの導入からおよそ5年半が経ち、太陽光発電は(FITによる再生可能エネルギー)導入量の約95%を占めるなど、日本の再生可能エネルギーを牽引している。しかし、再エネを主力電源化するためには、国際水準並みのコスト競争力の強化、系統制約の克服、さらなる政策対応が必要。昨年12月に新たな小委員会を設置し、再エネの大量導入とそれを支える次世代電力ネットワークのあり方についての検討を開始した。今後も協力しながら太陽光発電の競争力強化、導入拡大に取り組みたい」と話した。

2019.03.01

PVeyePR

[特別対談 第29回]進歩するパネル診断  ヤマシタ電気 山下幸司社長×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。今回は、ドローンで太陽光パネルをEL検査するヤマシタ電気の山下社長に、その斬新な手法について話を聞いた。

続きを読む

2019.02.28

PVeye

関東で低圧太陽光に制約 茨城・千葉 連系4年先に

 東京電力パワーグリッドは2月4日、茨城県と千葉県の一部で、低圧太陽光発電所の系統連系時期が2023年度以降になる見通しを示した。新規開発への障害となりそうだ。(PVeye記者・楓崇志)
続きを読む

2019.02.28

PVeye

自家消費を後押し 税制優遇2年延長に

 自家消費利用の太陽光発電設備に対する税制優遇措置が2年延長されることがほぼ決まった。自家消費提案の後押しとなりそうだ。(PVeye記者・岡田浩一)

 太陽光発電の自家消続きを読む

2019.02.28

PVeye

屋根材一体型に延焼の恐れ 消費者庁が住宅用太陽光火災を調査

 消費者庁は1月28日、住宅用太陽光発電の火災事故報告書を公表。裏面に鋼板が敷かれていない屋根材一体型パネルについて、被害拡大の恐れがあると指摘、速やかな対応を求めた。(PVeye記者・楓崇志)続きを読む

2019.02.06

PVeye

O&Mと資産運用のセミナーが5月末に開幕

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが5月30日から2日間、東京都で開幕する。国内外のO&M業者やアセットマネージャーら300名が参加予定だ。
続きを読む

2019.01.30

PVeye

売電単価14円へ 500kW以上は入札に

 2019年度の売電単価がほぼ固まった。事業用太陽光発電は、10kW以上500kW未満が14円に引き下げられ、500kW以上は入札制の対象となる方向だ。(PVeye記者・楓崇志)
続きを読む

2019.01.30

PVeye

スマートエネルギーWeek開幕迫る 主力電源化への新トレンドを網羅!

 再生可能エネルギー関連の大型商談展『スマートエネルギーWeek2019』が2月27日より東京ビッグサイトで開催される。出展企業数は33ヵ国1590社、来場者数は7万人にのぼる見込みだ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

シナネン、創・蓄電設備とV2Hのセット商品発売

 エネルギー関連商社のシナネン(東京都港区、三枝木俊美社長)は2018年11月、太陽光パネル付きカーポートと蓄電設備、EV(電気自動車)の電力を家へ供給するV2H機器を組み合わせた商品を発売した。ニチ続きを読む

2019.01.29

PVeye

日本ベネックス、埼玉県川越市の屋根借り発電所稼働 出力2MW、明電舎製PCS採用

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市、小林洋平社長)は1月29日、埼玉県川越市にて、屋根借り方式の太陽光発電所を稼働させたと発表した。これにより、同社が保有す続きを読む

2019.01.24

PVeye

京セラら3社、京都・兵庫・福井に太陽光発電所完成 7ヵ所合計3.2MW

 京セラ(京都市伏見区、谷本秀夫社長)は1月24日、金下建設(京都府宮津市、金下昌司社長)及びオムロンフィールドエンジニアリング(東京都目黒区、四方克弘社長、以下OFE)との共同出資で設立したSPC(続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス
  • GCL New Energy Holdings

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年3月号

様変わりするPCS・蓄電池勢力図

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート