太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

『スマートエネルギーWEEK2018』2月28日開幕 再エネ関連で日本最大※

2018.02.01

PVeyePR

 太陽光発電関連の展示会、『スマートエネルギーWEEK2018』が2月28日、東京ビッグサイトで開幕する。国内外から1,580社が出展予定で、再生可能エネルギーの展示会としては日本最大だ。見どころを探る。

国内外1580社が集結

 スマートエネルギーWEEKは、太陽光発電関連の『PVEXPO』や『太陽光発電システム施工展』をはじめ、『風力発電展』や『二次電池展』など、8つの展示会で構成される。主催するリードエグジビションジャパンの飯田真人事務局長は、「太陽光発電の最新商材はもちろん、蓄電池から他の再エネまで、創・蓄・省エネのすべてが集結しています」と強調する。
 国内の太陽光発電市場は、来年11月に住宅用太陽光発電の売電期間が終わる〝2019年問題〞を控え、蓄電池の需要が高まりつつある。国内大手のパナソニックをはじめ、数多くの企業が蓄電池を展示する予定だ。
 また、ZEH(ネット・セロ・エネルギー・ハウス)の普及に伴い、住宅用太陽光発電設備に加え、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や電気自動車などの新規需要が創出される可能性もある。こうした動向をにらみ、カナディアン・ソーラー・ジャパンや明成商会が、住宅向けのパッケージシステムを用意。Fウェイブは屋根材一体型太陽電池を出展する。
 電力小売りや太陽光発電以外の再エネ市場も、拡大する可能性を秘めている。スマートエネルギーWEEKでは、それらのビジネスチャンスを掴むための最新商材が揃う。日本の再エネ関連市場の動向を探るうえで、絶好の機会といえよう。
 
運用・資産管理の展示に注目

 稼働済み太陽光発電所のO&M(管理・保守)市場も、伸び代がある。FIT制度の改正によりO&Mは必須となったからだ。投資家は、費用を抑えつつ発電量を増やすO&Mに関心を寄せており、展示会では、エネテクやエコリンクス、ソラリグといった企業がO&Mの関連商材を出展する計画だ。
 ただ、一口にO&Mといっても、その内容は多岐にわたる。なかでも、雑草対策は重要だ。雑草を放置すれば売電収入の下落に繋がるが、費用をかけ過ぎれば、投資が失敗に陥る危険性もある。
 こうした投資家の悩みに応えようと、筑水キャニコムは草刈り用の四輪駆動車を、ゴールデンリーフワークスは、重機に取つけられる幅約2mのアタッチメントをそれぞれ展示する。
 一方、発電量を増やす取り組みとして注目を集めているのが、太陽光パネルの洗浄だ。グルディオやジョイボンド、盈泰ジャパンといった企業が自社の洗浄技術・製品を出展する。企業によって洗浄方法は様々であり、実際に洗浄する様子を目で確認し、そのうえで比較検討できる点は、展示会ならではの利点だろう。
 太陽光発電市場が成熟化した結果、20年間の投資効率を最大化するための資産管理の方法にも注目が集まり始めた。テュフラインランドジャパンは従来のパネル評価に加えて、発電所の評価・認証サービスを紹介。またユーイ自然電力は投資ファンドと連携した資産管理について展示する。こうした金融関連の出展は今後活発になりそうだ。
 太陽光発電に限らず、創・蓄・省エネ市場は年々競争が激化している。最新の製品や技術を貪欲に探し、吸収する姿勢が必要だろう。東京ビッグサイトの全ホールを使うこの巨大な展示会は、参加者の期待に沿うものとなるに違いない。

※同種の展示会との出展社数および製品展示面積の比較

主催者:リードエグジビションジャパン株式会社
Web:http://www.pvexpo.jp/?press=pveye_tieup
Tel:03-3349-8576
E-mail:pvexpo@reedexpo.co.jp

2018.03.28

PVeye

独ソーラーワールド、再び経営破綻か

 太陽光パネル製販の独ソーラーワールド・インダストリーズが経営破綻に陥った模様だ。ARD(ドイツ公共放送連盟)の3月28日の報道によると、同社は本社のあるボンの地方裁判所へ破産を申し立てたという。同社続きを読む

no image

2018.03.26

PVeye

職人革命会が名称変更へ 新エネルギー革命会に

 太陽光発電施工店の全国組織である『職人革命会』は、4月1日付で組織名を『新エネルギー革命会』に変更すると発表した。太陽光発電設備の販売・施工のみならず、活動の幅を広げていく方針だ。
 続きを読む

2018.03.22

PVeye

中ロンジ、パネル性能でテュフ・ラインランドから最高評価

 太陽光パネル製造大手の中ロンジ・ソーラーは3月22日、テュフ・ラインランドが毎年開催するソーラーコングレス(太陽光発電会議)において、パネルのエネルギー変換効率が最高であるとして表彰を受けた。2年連続きを読む

2018.03.20

PVeye

京セラTLC、日本最大14MWの水上メガソーラー稼働

 京セラTLCソーラーは3月20日、千葉県市原市で出力約13.7MWの水上メガソーラーを稼働したと発表した。水上太陽光発電所としては日本最大だという。同社は、地上における太陽光発電所の適地が減少するな続きを読む

2018.03.13

PVeye

SGリアルティ、新物流施設に自家消費用太陽光導入

 SGホールディングス傘下で不動産開発を行うSGリアルティ(京都市、金光正太郎社長)は3月13日、太陽光発電設備を備える物流施設を竣工したと発表した。出力860kW規模の太陽光パネルを設置し、発電した続きを読む

no image

2018.03.09

PVeye

強度2倍超! 厳格JISが義務化へ

 厳格な新JIS(日本工業規格)の設計基準が義務化される。経産省が年内に関係省令を改定する。架台には従来比2倍超の設計強度が要求され、建設費の増加は避けられそうにない。(PVeye記者・平沢元嗣)続きを読む

no image

2018.03.09

PVeye

来年度売価3円減 太陽光は18円に

 来年度の売電単価がほぼ確定した。出力10kW超の太陽光発電はkWhあたり税別18円になる。経産相が間もなく正式決定する。(PVeye記者・平沢元嗣)

 2月7日開催の調続きを読む

no image

2018.02.28

PVeye

ハピアスが倒産

 太陽光発電設備を販売するハピアス(京都市南区、山本賀宣社長)は2月28日、京都地方裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。負債は約4600万円である。
 帝国データバンクによれば、20続きを読む

no image

2018.01.26

PVeye

エコパーソナルシステムが倒産

 太陽光発電設備を販売するエコパーソナルシステム(愛知県海部郡大治町、神谷智社長)は2017年12月21日、名古屋地方裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。負債総額は1億8000万円である。
続きを読む

2018.01.23

PVeye

JPEA、平成30年新春交流会開催

 太陽光発電協会(平野敦彦代表理事、以下JPEA)は1月23日、東京都千代田区の東海大学校友会館にて、平成30年新春交流会を開催した。会員企業や来賓など多くの関係者が詰めかけた。
 冒頭続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ