太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

アンフィニ、福島工場でパネルと蓄電池併産へ

2018.03.01

PVeyePR

 太陽光パネルメーカーのアンフィニ(親川智行社長)は、昨夏稼働した福島工場で、蓄電池の組み立てを始めるという。同社の狙いとは。

 2017年7月に稼動したアンフィニの福島工場では、最新の全自動式生産ラインが順調に稼働しているようで、責任者の小寺直人常務も、「10月から本格生産に入り、生産量は3月末で50MW程度になるでしょう。現在は受注分の通常タイプを生産し、主にヨーロッパ諸国に輸出しています」と表情が明るい。
 そして2月半ばから満を持して高効率・高出力パネル、『SOLAR NINJA』の製造ラインの試運転を開始。来期は、通常タイプが60MW、SOLAR NINJAが40MWと、計100MW規模の生産を計画している。
 生産量は決して多くはないものの、福島工場の品質管理には目を見張るものがある。基準が厳しいドイツ製の検査機器を完備させ、各製造工程間で厳しく互いを牽制し合う体制を構築。その結果、生産の歩留まりが向上し、「製造工程内での不良率は0.5%未満」(小寺常務)というのである。
 これについて、小寺常務は、「工場で働く方の多くが地元の出身者です。復興への強い想いを持つスタッフが製品も工場も良くしていこうと行動してくれるからこそ、高度な品質管理が実現しているのです」と自信をのぞかせる。
 そして、同社はいま、福島工場で太陽光パネルのみならず、住宅用蓄電システムの組み立てを始める準備を進めている。
 FITの売電期間を終える住宅用太陽光発電設備の所有者が50万も現れる2019年問題。需要が拡大すると踏んで、同社は蓄電システムを販売する計画だ。蓄電モジュールやインバータ、コントローラを調達し、福島工場で製品化する計画だ。
 小寺常務は、「蓄電池は検査工場がないとメーカーとして認められないので、検査体制を工場内に設けます。年内には、相場より割安な価格帯で蓄電池を販売していきたいと考えています」と意気込む。

積雪対応パネル、商品化へ着々

 その一方で、同社は意義深い太陽光パネルの新製品開発を着々と進めている。
 というのも、1月中旬から想定外の豪雪が続き、屋根上のパネルに積もった雪の落下による被害が発生している。パネルの表面はガラスゆえ、滑りやすく、光が当たれば熱を持ち、雪を溶かす。これは雪下ろしの手間が省けるという利点でもあるが、短期間で降り積もった大雪が勢いよく滑り落ち、フェンスや隣接する屋根の損壊事故を誘発させる。このままでは人身事故を引き起こす可能性もある。
 こうした雪国の課題をアンフィニの新製品は解決するものになるかもしれない。小寺常務は「開発中の新製品は、そもそも上に雪が積もらないパネルです」とし、「研究機関の支援を受け、間もなく認証をいただく段階です。雪国の方々の苦労を取り除くものになれば幸いです」と思いを語る。
 新製品を生み出し続ける福島工場。福島製品の活躍の場はさらに広がりそうだ。

アンフィニ株式会社
0120-33-0303
[大阪本社]大阪府大阪市浪速区湊町1-4-38
TEL‌06-6646-3330‌
FAX‌06-6646-3310
[東京本社]東京都中央区晴海1-8-10
TEL‌03-3534-8880‌
FAX‌03-3534-8840
https://infinigroup.co.jp

no image

2018.05.24

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、開催中

 太陽光発電関連のイベント運営を手掛けるソーラープラザ(オランダ・ロッテルダム)は、5月24日から25日にかけ、東京都江東区の東京コンファレンスセンター・有明で『ソーラーアセットマネジメントアジア』を続きを読む

no image

2018.05.21

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、24日開幕 登壇者56名出揃う

 太陽光発電のO&Mと資産運用のセミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが、5月24日から2日間、東京コンファレンスセンター・有明で開幕する。2日間でおよそ300名が参加予定だ。
 続きを読む

2018.05.02

PVeye

ソーラーアセットマネジメントアジア、5月24日開幕

 イベント運営を手掛ける蘭ソーラープラザは、5月24日から2日間、東京でO&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、『ソーラーアセットマネジメントアジア』を開催する。国内外から300名超の参加を見込続きを読む

2018.04.23

PVeye

積水化学工業、フィルム型リチウムイオン電池増産へ

 積水化学工業(髙下貞二社長)は4月23日、住宅向けフィルム型リチウムイオン電池の生産能力を増強すると発表した。約40億円を投じ、現在のおよそ6倍となる約1万棟分の生産能力となる。新設備は2019年度続きを読む

no image

2018.04.13

PVeye

ABBパワコンで相次ぎノイズ障害 JFEプラントエンジが賠償調停申し立て

 スイスのPCS(パワーコンディショナ)大手ABBのPCSで相次ぎノイズ障害が発生していた問題で、PCSを購入したJFEプラントエンジがABBジャパンに損害賠償を求める調停を東京地裁に申し立てた。係争続きを読む

2018.04.01

PVeyePR

[特別対談第23回]進化する蓄電技術 CONNEXXSYSTEMS塚本壽社長×ESI土肥宏吉社長

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回のお相手は、新種のバインド電池(BINDBattery™)を製品化して注目を集めるコネックス・システムズの塚本壽社長だ。進化する蓄続きを読む

no image

2018.03.29

PVeye

JAG国際エナジー、16MWソーラー事業で28億円調達

 日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区、増田雄輔社長)は3月29日、開発中の太陽光発電所について融資を受けた。融資形態はシンジケートローンで、取りまとめをNECキャピタルソリュー続きを読む

no image

2018.03.12

PVeye

新生銀行、160億円プロファイ組成 大分県日出町、53.4MW

 新生銀行(工藤英之社長)は3月12日、発電容量53.4MWの大規模太陽光発電所向けに約160億円のプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。カナダの太陽電池大手であるカナディアン・ソーラーがスポ続きを読む

no image

2018.03.09

PVeye

北海道銀行ら、115億円のシンジケート・ローン組成 北海道・厚岸の32MWメガソーラー向け

 北海道銀行(笹原晶博頭取)は3月9日、北海道厚岸郡厚岸町で実施される発電規模約32MWの太陽光発電事業に対し、北洋銀行や広島銀行などとプロジェクトファイナンスによるシンジケート・ローンを組成したと発続きを読む

2018.03.01

PVeyePR

新進気鋭の太陽電池メーカー セラフィムの実力

 日本で存在感を増す中国の太陽電池メーカー。なかでも注目は、後発ながら高品質製品で人気を博するセラフィム。2017年の年間出荷量は2GWを超え、急成長を遂げた。同社の実力に迫る。
続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年6月号

成長か停滞か O&M市場の理想と現実

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ