太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ABBパワコンで相次ぎノイズ障害 JFEプラントエンジが賠償調停申し立て

2018.04.13

PVeye

 スイスのPCS(パワーコンディショナ)大手ABBのPCSで相次ぎノイズ障害が発生していた問題で、PCSを購入したJFEプラントエンジがABBジャパンに損害賠償を求める調停を東京地裁に申し立てた。係争に発展しかねない事態だ。(PVeye記者・中馬成美)

 問題が発覚したのは2015年12月。佐賀県内の工場地帯に建設された出力1MWの太陽光発電所が稼働して間もない頃である。太陽光発電所と系統網を共用していた他の工場の配電系統に設置されたコンデンサに異音が生じたのだ。
 九州電力が調べたところ、ABBの大型PCS『PVS800』から発生する高調波ノイズの影響と判明。日本法人のABBジャパンは被害のあった工場の配電系統にノイズを低減するリアクトルの設置を提案したが、同設備の設置には停電作業などが伴うことから九電と工場が拒否。そのため、EPC(設計・調達・建設)を担当したJFEプラントエンジがPCSの変更費用などをすべて負担して問題を収束させた。
 しかし、問題はこれにとどまらなかった。16年2月、JFEプラントエンジは同じく佐賀県内で出力1MWの太陽光発電所を建設したが、ここでも被害報告を受けた。九電は太陽光発電所付近の配電系統で電力線を通信回線として使うPLC(電力線搬送通信)を導入し、電力を制御していたが、その周波数帯に太陽光発電所から発生する高調波ノイズが干渉していたのだ。
 九電ら関係者が詳しく調べたところ、またしても原因はABBの大型PCS、PVS800から発生する高調波ノイズだった。ABBジャパンはノイズを発生させた大型機の代わりに中小型機による分散設置を提案したが、それでは設計をやり直さなければならなかった。結局、JFEプラントエンジが自費で他のPCSに交換、発電事業者に対する売電損失の賠償金も負担して事態を収めた。
 これら2つのノイズ問題で、JFEプラントエンジは、大型PCS2台の交換費と売電損失による賠償金などを含め、総額1.2億円もの損害を被った。いずれも、ABBジャパンが販売したPCSのノイズ障害が問題であるにもかかわらず、EPCを担当したJFEプラントエンジがすべて責任を負うというのは不公平のように思えるが、ABBジャパンソーラーグループプロダクトマーケティングマネージャーの佐藤誠記氏はこう説明する。
 「あくまでも系統設備との互換性の問題であって、製品の不備ではない。製品は系統連系要件を満たしていた。技術的な解決策を助言したが、提案を受け入れてもらえなかった」。
 確かに、PVS800は、一般的な系統連系の要件を満たしていたようだ。例えば、東京電力の系統連系要件には、「発電設備からの高調波流出を交流側定格電流に対し総合電流歪み率5%以下、各次電流歪み率3%以下に抑制すること」と定められており、PVS800の製品仕様を見ると、要件の値を下回っている。
 とすれば、一連の問題は、PCSが原因ではなく、設置環境の問題であって、それを事前に熟知していなかったJFEプラントエンジに問題があったのか。

ABBパワコン、過去に同様の被害多数か

 だが、新たな事実が浮上した。ノイズを発生させたABBのPVS800、実は今回の問題が発覚する前にも高調波ノイズ障害を発生させていたのだ。しかも数件ではない。JFEプラントエンジがABBジャパンから受けた報告によると、コンデンサの異音被害は20件以上もあったという。
 これについて、ABBジャパンは、過去にも高調波ノイズ障害があったことは認めたが、佐藤氏は、「PLC設備すべてに高調波の影響が起こるわけではなく、ごく限られた条件下で障害が発生する可能性があった」とし、「問題が生じた場合は、EPC企業と協力して解決してきた」という。
 ならば、PVS800をJFEプラントエンジに販売する際、ABBジャパンはノイズ障害が起こり得るリスクを事前に説明しておかなければならないはずだが、どうだったのか。
 JFEプラントエンジは、「ABBジャパンは説明責任を果たしていない。事前に説明があればABBのPCSを選ばなかった」と憤り、ABBジャパンに賠償責任を求めようとしている。
 ABBジャパンの佐藤氏は、「電力会社の系統運用がブラックボックスなので対策について知ることができず、個別対応するしかなかった。系統設備の互換性の問題で高調波障害が発生する可能性については、事業者とEPC企業に一貫して注意を促してきた」とするに止め、JFEプラントエンジに対して事前に説明したかどうかについては、「コメントできない」と答えた。
 一方、PCS技術に詳しいある商社筋からは、「ABBの一部PCSは、制御の特性上、高調波によってコンデンサが共振してしまう可能性が高い」との証言もある。ABBの大型PCS、PVS800を採用したEPC企業や発電事業者は、今一度注意が必要かもしれない。

2019.05.30

PVeyePR

自家消費時代のESI流提案術 法人営業は〝二段構え〟 住宅用ニーズは4つに分類

 太陽光商材の卸販売から、メガソーラーの開発まで手掛けるヨーロッパ・ソーラー・イノベーション。土肥宏吉社長が、自家消費時代の法人営業法と住宅用太陽光発電設備のソリューションを打ち出した。
続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

[特別対談 第30回]再エネビジネスの未来 日本再生可能エネルギー総合研究所 北村和也代表×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、再エネ分野のコンサルティングを手掛ける日本再生可能エネルギー総合研究所の北村和也代表を迎えて、再エネビジネスの未来を考える。続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.03.01

PVeyePR

[特別対談 第29回]進歩するパネル診断  ヤマシタ電気 山下幸司社長×ESI 土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長による特別対談。今回は、ドローンで太陽光パネルをEL検査するヤマシタ電気の山下社長に、その斬新な手法について話を聞いた。

続きを読む

2019.02.06

PVeye

O&Mと資産運用のセミナーが5月末に開幕

 O&M(管理・保守)と資産運用の専門セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが5月30日から2日間、東京都で開幕する。国内外のO&M業者やアセットマネージャーら300名が参加予定だ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

日本ベネックス、埼玉県川越市の屋根借り発電所稼働 出力2MW、明電舎製PCS採用

 太陽光発電のEPC(設計・調達・建設)を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市、小林洋平社長)は1月29日、埼玉県川越市にて、屋根借り方式の太陽光発電所を稼働させたと発表した。これにより、同社が保有す続きを読む

2019.01.24

PVeye

京セラら3社、京都・兵庫・福井に太陽光発電所完成 7ヵ所合計3.2MW

 京セラ(京都市伏見区、谷本秀夫社長)は1月24日、金下建設(京都府宮津市、金下昌司社長)及びオムロンフィールドエンジニアリング(東京都目黒区、四方克弘社長、以下OFE)との共同出資で設立したSPC(続きを読む

no image

2019.01.23

PVeye

住商、福島・南相馬の32.3MW発電所稼働

 住友商事(東京都千代田区、兵頭誠之社長)は1月23日、福島県南相馬市において、発電容量32.3MWの大規模太陽光発電所が商業運転を開始したと発表した。
 このほど運転を開始した大規模太続きを読む

no image

2018.12.26

PVeye

昭シェルとソーラーフロンティア、卒FIT電源の余剰買取りへ 19年11月から

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長)とソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は12月26日、FITによる売電期間満了後の住宅用太陽光発電設備を対象とした余剰電力買取りサービスを2019続きを読む

2018.12.21

PVeye

サンテックパワー、熊谷の太陽光発電所稼働 売電単価は21円/kWh

 サンテックパワージャパン(東京都新宿区、ガオ・ジャン社長)は12月21日、埼玉県熊谷市にて自社グループで開発した太陽光発電所が稼働したと発表した。FITの売電単価は21円/kWhである。
続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年6月号

数字から読み解くPV市場 企業力ランキング2019

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート