太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

[特別対談第25回]O&Mビジネスの課題 CO2O酒井正行社長×ESI土肥宏吉社長

2018.06.07

PVeyePR

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。お相手は、太陽光発電所の評価・診断に強いO&M(保守・管理)企業、CO2Oの酒井正行社長だ。2回目の登場となる今回はO&Mビジネスの課題について話し合った。

土肥氏●太陽光発電設備のO&Mは、低圧太陽光発電所向けも、高圧・特別高圧太陽光発電所向けも、戦略的に進めていかなければ、事業化は難しいように思います。
 とくに、低圧太陽光発電所向けのO&Mは、費用を抑えなければならないので、エリアを絞り、数を増やして、まとめて点検するなど、効率を追求していかなければ採算は合わないでしょう。高圧・特別高圧太陽光発電所向けのO&Mも、買取り価格が下がっているので、O&M費用の低減要求は一層強まります。限られた維持費のなかで、保険に加入し、メンテナンスも実施していくためには、メニューを上手に組むとともに、やはり事業者の方々にO&Mの価値を理解してもらわなければならないでしょうね。そのためにはパフォーマンスの向上が鍵だと思います。

酒井氏●土肥社長がおっしゃるように、O&Mビジネスには課題が山積しています。とりわけ、特別高圧太陽光発電所向けのO&Mに関しては、設備のケアに終始し、本来のバリューアップになっていないことが大きな課題だと感じています。
 太陽光発電所は収益性すなわち効用が重視されるべき資産なので、本来は資産の価値をどう高めていくか、アセットマネジメントの観点から戦略的にO&Mを実施していかなければならないのですが、いまだに修繕や保守といった考え方が強く、隔たりができてしまっているように思えてなりません。

土肥氏●確かに、太陽光発電所を資産として捉える慣習が根づかないと、発電事業者は何のためにO&Mをやるのか、疑問を持つようになり、O&M業者も限られた予算のなかで簡易なチェックだけをするような形に陥ってしまいます。しかし太陽光発電所は一方で電力インフラですから、O&M業者にはインフラを守るという使命もあります。
 O&Mの合理化や費用低減といった実務上の課題もさることながら、資産を運用するうえで、O&Mは戦略的に取り組むべきものであるという概念を事業者に示していくことも、O&Mビジネスの課題として重要な要素なのでしょうね。

酒井氏●結局、発電事業はリスクのコントロールなのですが、O&Mで補えるリスクと、設計や施工でしかコントロールできないリスクがあります。たとえば、造成計画や排水計画の不備です。実際、特別高圧太陽光発電所で多くみられるのですが、これを放置しておくと、雨水が大量に流れて斜面が崩れるなど、様々なトラブルを引き起こす大きなリスクになり得るのですが、この場合、O&M会社ではリスクをヘッジできません。造成からやり直さなければならないのです。
 そこで、我々は最近、建設プロジェクトの全般を運営管理するCM(コンストラクション・マネジメント)を始めました。施工段階からリスクを可視化させていただくことによって、将来のリスクを極小化できればと考えているのです。
 とくに低圧太陽光発電所向けのO&Mに関しては、上限があるなかで、O&Mには費用をかけられないのが実情です。いかに後で手がかからないように、しっかりと建設できるかが重要だと思います。

土肥氏●事業者の方々はできるだけ初期投資を抑えようとしますから、極力費用を削減するために、EPC(設計・調達・建設)企業の設計が甘くなりがちなのでしょう。そう考えると、CMの存在は不可欠ですね。
 私がよく聞く話は、そもそも設計図書がないという問題です。せっかく太陽光発電所のセカンダリー市場が立ち上がっても、商品を鑑定するための最低限必要な書類がなければ、当然ながら取引は成立せず、市場は活性化しません。
 
酒井氏●そうですね。以前、あるO&M会社から引き継いだ特別高圧太陽光発電所は、記録がまったくありませんでした。点検表もなければ、保守・管理の記録すら残っていないので、唖然としたのを覚えています。不動産物件の取引を見れば明白ですが、書類が残っている物件と、そうでない物件とでは、資産価値が大きく違います。
 こうした問題もあって、我々は、『太陽光発電事業の評価ガイド』土木・構造ワーキンググループの主査を務めさせていただき、来月にも発効される予定です。一つひとつ課題を解決しながら、市場の健全化に寄与できればと思っています。

土肥氏●まだまだ課題の多い日本のO&Mですが、裏を返せば発展の余地が多く残されているともいえます。英知を結集して、O&Mの課題を克服していかなければなりませんね。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2018.07.17

PVeye

京セラTCL、宮城県の28MW発電所稼働

 東京センチュリー(東京都千代田区、浅田俊一社長)と京セラ(京都府京都市、谷本秀夫社長)が共同出資する京セラTCLソーラーは7月17日、宮城県黒川郡において、出力約28MWの太陽光発電所が運転を開始し続きを読む

no image

2018.07.06

PVeye

東急不動産、政投銀と共同事業 7ヵ所180MW

 東急不動産(東京都港区、大隈郁仁社長)は7月6日、日本政策投資銀行(東京都千代田区、渡辺一社長)との共同出資で太陽光発電事業の保有・運営事業を推進すると発表した。対象となるのは、日本国内で稼働中及び続きを読む

no image

2018.07.02

PVeye

中ジンコ、総額53億円のシンジケートローン 日本法人の運転資金に

 太陽光パネル世界最大手である中国・ジンコソーラーは7月2日、三井住友銀行が幹事を務める銀行コンソーシアムとの間で最大2年総額53億円のシンジケートローンに調印したと発表した。
 日本法続きを読む

2018.07.02

PVeye

オリックス、新潟県で55.6MW発電所稼働

 再生可能エネルギー発電事業を手掛けるオリックス(東京都港区、井上亮社長)は7月2日、新潟市西区四ツ郷屋に建設していた最大出力55.6MWの大規模太陽光発電所が運転を開始したと発表した。新潟県内で最大続きを読む

2018.07.01

PVeyePR

[特別対談第26回]高性能という価値 LGエレクトロニクスジャパン楠山恭央 Energy Business Part部長×ESI土肥宏吉社長

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長による特別対談。今回は、世界トップクラスの高性能パネルを量産する韓LGエレクトロニクスの日本法人でエネルギー事業部門を担当する楠山恭央部長だ。高性能続きを読む

2018.07.01

PVeyePR

〝長野の雄〟がファーウェイのPCSを選んだ理由

 太陽光発電所の建設で長野トップの実績を誇るサンジュニアが、ファーウェイのPCSを本格採用し始めた。なぜファーウェイなのか。西原弘樹社長に聞いた。

 1981年に創業した続きを読む

no image

2018.06.26

PVeye

中ジンコ、岩手県宮古市の15.6MW発電所にパネル供給

 太陽光パネル世界最大手である中国・ジンコソーラーは6月26日、岩手県宮古市の出力15.6MWの太陽光発電所に太陽光パネルを供給したと発表した。
 同社がパネルを供給した太陽光発電所は出続きを読む

no image

2018.06.22

PVeye

NECグループ、大規模太陽光発電所のEPC受注 46.6MW、117億円

 NECグループで太陽光発電所のEPC(設計・調達・建設)を手掛けるNECネッツエスアイ(東京都文京区、牛島祐之社長)は6月22日、ソネディックス・ジャパン(東京都港区、石館睦男会長)らが開発している続きを読む

no image

2018.06.19

PVeye

北日本石油、中標津油槽所内に50kW発電所

 北日本石油(東京都中央区、渡邉勇人社長)は6月19日、北海道中標津町にて太陽光発電所の運転を開始したと発表した。
 同社は、北海道標津郡中標津町の中標津油槽所内に設備容量51.84kW続きを読む

no image

2018.06.14

PVeye

日本コムシス、岩手県で20MW発電所稼働

 日本コムシス(東京都品川区、加賀谷卓社長)は6月14日、岩手県金ケ崎町にて出力20MWの太陽光発電所を完成させたと発表した。同社グループにとって18か所目の自社太陽光発電所である。
 続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年8月号

芽吹く自家消費 法人攻略のツボ

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ