太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

九電が出力抑制実施 公平性の担保が課題

2018.10.30

PVeye

 10月13日から2日間、九州で太陽光発電の出力が抑制された。離島を除いて初となる。今後も電力需要の小さい時期に実施される見通しだが、公平性の担保が課題だ。(PVeye記者・岡田浩一)

 九州電力は10月13日と14日、九州本土で初めて太陽光発電所の出力抑制を行った。件数は非公表としたが、13日は320MW、14日は540MWに及ぶ太陽光発電所の出力を抑制した。
 太陽光発電の出力抑制は、春や秋など電力需要の低い時期の日中に太陽光発電の出力がピークに達し、需給均衡が崩れることで停電を引き起こす可能性があるとして、電力会社の判断で出力を止める措置である。
 今回の抑制対象は、住宅用を除く出力10kW以上の太陽光発電所で、旧ルール事業者と指定ルール事業者で区別はなかった。
 旧ルールとは、電力会社が出力500kW以上の太陽光発電所に対して年間30日まで無償で出力を抑制できるルール。九電管内では2015年1月25日までに九電から連系を承諾された発電事業者が対象だ。
 一方、電力会社が太陽光発電所の規模に関係なく、無制限・無補償に出力抑制できるのが指定ルール。九電管内では15年1月26日以降に九電から連系を承諾された発電所の事業者が対象となる。出力抑制に対応できる機器の設置が義務づけられている点も旧ルールとは異なる。
 出力抑制にあたって、旧ルールと指定ルールの事業者では、九電から受ける連絡方法など異なる点がある。旧ルール事業者は、出力抑制対応機器を設置していない場合が多く、前日に電力会社から電話とメールで抑制の連絡が入れば、翌日、自ら発電所まで赴いて設備を止めなければならない。今回抑制されたある旧ルール事業者は、「前日に突然連絡が入って、翌日遠方の発電所まで行かなければならず大変だった」と振り返る。
 一方、指定ルール事業者は、自動で抑制されるため、九電から連絡を受けることはない。事業者は遠隔監視装置で確認するほか、抑制の有無を判断する術はない。九電は両日とも原則9時から16時まで出力を抑制したが、指定ルール事業者に対しては、「遠隔制御が可能なので、少しでも制御量を少なくするため、需給を見ながら順次自動で解除した」(九電広報部)。だが、14日はこの解除システムに不具合が生じた。寸前に抑制が不要と判断された約3300件、出力計175MWの発電所に対して解除の指令が遅れ、30分間、誤って抑制してしまったのだ。
九電は不具合の検証を進めるようだが、補償などは考えていないという。

抑制は不公平!?

 むろん、無補償での出力抑制の受け入れは系統連系の条件だ。とはいえ、売電機会を失われる発電事業者としては、「事業者間の公平性は担保してもらえるのか」(地元の発電事業者)と、疑問を持つのは当然だろう。
 公平性については、経産省の専門会議でも議論され、指針こそ示されたが、ルールは明確ではない。九電は、「地域や発電所の規模、旧ルールと指定ルール事業者間で不公平が出ないよう、バランスを鑑みて抑制する」(広報部)というが、仮に回数を平等にしても、今回のように旧ルールは丸1日抑制され、指定ルールは途中で抑制が解除されるのであれば、平等とは言えない。
 一方で、透明性の確保も重要だ。発電事業者からは「具体的にどう公平性が担保されるのか、情報を公開してほしい」との要望が出ているが、九電は発電事業者が特定されることを危惧し、情報開示には慎重だ。
 出力抑制が実施されることで風評被害による市場への影響も懸念される。
 太陽光発電協会の増川武昭事務局長は、「特に住宅用太陽光発電においては、事情をよく知らないユーザーが抑制を心配して導入を断念するケースがある。情報発信や啓発活動に力を入れるべきだ」と語る。

対策は自家消費の推進

 出力抑制を俯瞰的に見ると、抑制の順番は電源ごとに決められている。電力会社は、まず火力発電やバイオマス発電を抑制し、次いで太陽光発電と風力発電を、最後に水力発電と地熱発電、そして原子力発電を抑制する。つまり原発による電力供給量が増えれば、太陽光発電が出力抑制される確率が高まるわけだ。
 原発の是非について意見は割れるが、国や電力会社が原発を推進しているのは事実だ。ならば、この制約の下で、太陽光発電をどのように普及させるべきか。
 そもそも太陽光発電には強みがある。系統に繋がなくても使える自家消費利用だ。自家消費すれば、出力抑制とも無関係になれる。我々は自家消費利用を推進すべき時に来ているのかもしれない。

2019.01.22

PVeye

JPEA、新春交流会開催

 太陽光発電協会(平野敦彦代表理事、以下JPEA)は1月22日、東京都千代田区の東海大学校友会館にて、新春交流会を開催した。会員企業のほか、国会議員や関係省庁など多くの関係者が会場に詰めかけた。続きを読む

no image

2019.01.17

PVeye

ソーラーフロンティア、CIS系薄膜セルで23.35% 世界記録を更新

 CIS太陽電池大手のソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は1月17日、カドミウムを含まないCIS系薄膜太陽電池(CdフリーCIS系薄膜太陽電池)の約1㎠のセルにおいて、CIS系薄膜太陽電続きを読む

2018.12.28

PVeye

未稼働対策新ルールが決定 原案より大幅緩和

 12月5日、経産省は未稼働対策新ルールの概要を発表した。2MW以上の着工済み案件には新ルールを適用せず、対象の2MW以上の案件も、系統連系工事着工申込み期限を2019年8月末に延ばすなど、原案より大続きを読む

no image

2018.12.04

PVeye

中セラフィム、ベトナムに80MWパネル供給へ

 中国太陽電池製造セラフィム・ソーラー(江蘇州常州市、李綱総経理)は11月13日、マレーシアのEPC(設計・調達・建設)企業、ERSエナジーと太陽光パネルの供給契約を締結したと発表した。ERSらがベト続きを読む

2018.12.03

PVeye

自然電力ら、長野で新電力事業開始

 再生可能エネルギー開発の自然電力(福岡市、磯野謙代表)は11月27日、長野県小布施町に設立した新電力会社が事業を開始したと発表した。町内に設置した190kW規模の小水力発電所の電力を販売する計画。エ続きを読む

2018.11.30

PVeye

藤崎電機グループ元顧問が贈賄 徳島地検が起訴

 太陽光発電所を開発する藤崎電機グループの元顧問が贈賄罪で起訴された。メガソーラー建設地の農地転用で便宜を図ってもらうため、農業委員に100万円渡したとされる。同社は関与を否定しているが…。(PVey続きを読む

2018.11.30

PVeye

太陽光にアセス義務化も対象は限定的か

 環境省は、大規模な太陽光発電所の開発に環境影響評価を義務化する方向で検討している。周辺住民と事業者の摩擦を減らす狙いだが、対象の事業は限られそうだ。(PVeye記者・飯渕一樹)
続きを読む

2018.11.21

PVeye

未稼働対策案に 非難轟々

 「あまりに理不尽すぎる」。11月21日、衆議院議員会館で怒声が上がった。経済産業省による未稼働案件対策の問題点を指摘する会合でのことだ。主催した発電事業大手の山佐やアフターフィットはメディア関係者を続きを読む

2018.10.30

PVeye

国内大手が住宅用蓄電池から撤退 NECに次いで東芝も

 NECに次いで東芝が住宅用蓄電池事業に終止符を打つ。蓄電池需要の拡大機運が高まるなか、なぜ国内大手は撤退するのか。(PVeye記者・岡田浩一)

 「東芝の蓄電池は性能が続きを読む

2018.10.30

PVeye

中国ZTEクァンタムがドロン メーカー責任を放棄

 中国のPCSメーカー、ZTEクァンタムの日本法人が忽然と姿を消した。顧客サービスを停止し、一切の責任を放棄。販売代理店が困惑している。(PVeye記者・川副暁優)

 「続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス
  • 太陽電池展(PV EXPO)

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年1月号

太陽光市場に訪れる5つの変化 大予測2019

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート