太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

完全自家消費を支援する ウェーブエナジーの制御システム

2019.07.30

PVeyePR

 自家消費時代の夜明けを迎えた太陽光発電市場で、欠かせない新商品が登場した。ウェーブエナジーが開発した完全自家消費を可能にする制御システムである。新時代のマストアイテムとなりそうだ。

 自家消費目的での太陽光発電の導入機運が高まるなか、ポイントの一つが余剰電力の取扱いだ。FIT売電する選択肢もあるが、系統への逆潮流を発生させない〝完全自家消費型〞を選ぶことも少なくない。なぜなら系統制約の影響を受けず、FIT申請も不要だからだ。
 ただし、完全自家消費型の場合、逆潮流の発生時には系統連系規定で設置が義務付けられているRPR(逆電力継電器)で発電を停止しなければならない。それらRPRの作動は長時間の発電機会の損失につながるため、太陽光パネルを設置可能な屋根に最大限設置するのではなく、あえて消費電力量よりも少なめに設置することが一般的だ。
 ならば、RPRが動作しないように発電電力を最適に自動制御できれば、より多くの太陽光パネルを設置でき、収益の改善や自家消費率の向上につながるはず。そんな声に応えて開発されたのが、ウェーブエナジーの制御システムだ。
 同社製制御システムは、商用電力からの買電電力量と太陽光発電による発電電力量を監視し、消費電力の変動に合わせてPCS(パワーコンディショナ)を自動で制御するというもの。発電を止めることなく、最大限運転を継続できるシステムなのだが、最大の特徴は発電電力量をPCSではなく、高圧回路で計測している点。同社が今年5月に特許を取得した独自技術だ。
 この技術により、補機や変圧器のロス分を含めた正確な発電電力量を計測でき、分散型PCSの通信遅れの影響もなく、PCSには極小時間で制御指示を出せる。つまり2秒で動作するRPRが検知する前に発電電力を制御できるのだ。
 例えば、急激な消費電力の減少を検知した場合でも、RPRが動作する前にPCSを最適に制御する。リアルタイム制御が可能だからこそ、RPRの動作による発電機会の損失を発生させない。
 今年2月には、同システムが初めて採用された完全自家消費型太陽光発電設備が稼働したが、RPRはこれまで一度も動作していない。なかには5時間にわたって〝買電ゼロ〞を達成した時間帯もあるという。
 同社の制御システムは、発電電力量が消費電力量を上回ることがないように制御を実行するので、パネルの過積載も可能。最大限にパネルを設置したうえで効率良く自家消費利用できるのだ。収益性の改善や自家消費率の向上に貢献するシステムだと言えよう。
 それに同社は制御システムにとどまらず、自家消費対応に積極的で、遠隔監視装置の『SOLAR WATCH』に買電に関する機能を追加したほか、既設キュービクルの改造に使える『PV用分岐BOX』も準備。設計や収支シミュレーションなどに関する知見やノウハウも有しており、自家消費時代の有力なパートナーとなるだろう。
 同社は9月25日からインテックス大阪で開催される第7回関西太陽光発電展に出展を予定。これら自家消費に関する展示のほか、交流集電盤や変圧器、送電盤を一体化し、高さの低い分散型PCS用高圧キュービクル『SOLARSPEC MINI T』の1000kVAタイプも披露する。一見の価値はあるはずだ。


株式会社Wave Energy(ウェーブエナジー)
東京都港区芝1-5-9 住友芝ビルⅡ 1F
TEL:0120-418-850 https://www.wavee.co.jp

2019.06.30

PVeyePR

ファーウェイ、PCS内蔵のI-Vカーブ測定機能を改良 中国展示会で最優秀賞

 PCS世界最大手、中国ファーウェイは今夏、オプションでPCSに搭載しているI-Vカーブ測定機能を改良した。AIを活用して精度を高めた。世界最大級の太陽光発電の展示会で最優秀賞を受賞した。
続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

タオケイ、新商品発売 遠隔監視とウェブカメラをセットに

 監視装置製造の中タオケイは5月、遠隔監視装置とウェブカメラを組み合わせた新商品の受注を開始した。どのような機能があるのか。

 FITの開始から7年が経ち、太陽光発電所の続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

トリナ、410W品など新製品4種発売

 太陽光パネル世界大手のトリナ・ソーラーは3月、新製品4種を発売した。従来品よりも出力と効率も高めた。メガソーラーから住宅用まで全方位に販売する。

 トリナは、『高効率』続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

発電所の運営費削減を図るなら ファーウェイのPCSで決まり

 日本で好評の中ファーウェイ製PCS。人気の秘密は、高い発電量が期待できるうえ、太陽光発電所の運営費低減に寄与する機能と顧客目線のアフターサポートにあるようだ。売価14円時代を乗り越える鍵がここにある続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

インリージャパンセミオフグリッドシステム商品化

 中国太陽電池製造大手、インリー・グリーンエナジーの日本法人が来春、太陽光発電設備とV2H機器からなるセミオフグリッドシステムを商品化する。全国のビルダーや販売・施工会社に提供していく構えだ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

シナネン、創・蓄電設備とV2Hのセット商品発売

 エネルギー関連商社のシナネン(東京都港区、三枝木俊美社長)は2018年11月、太陽光パネル付きカーポートと蓄電設備、EV(電気自動車)の電力を家へ供給するV2H機器を組み合わせた商品を発売した。ニチ続きを読む

no image

2018.12.26

PVeye

昭シェルとソーラーフロンティア、卒FIT電源の余剰買取りへ 19年11月から

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長)とソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は12月26日、FITによる売電期間満了後の住宅用太陽光発電設備を対象とした余剰電力買取りサービスを2019続きを読む

2018.12.18

PVeye

ネクストエナジー、1500V対応パネル発売

 ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市、伊藤敦社長)は12月18日、直流電圧1500V対応の太陽光パネルを発売すると発表した。
 同社が新発売するのは、単結晶太陽光パネル「続きを読む

2018.12.13

PVeye

ネクストエナジー、軽量パネル発売 従来比25%軽量化

 ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市、伊藤敦社長)は12月13日、軽量太陽光パネルの新製品を発売すると発表した。屋根の耐荷重が小さく強度的に設置が難しい場所などに適した製品だ。
続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年9月号

FIT大改造の行方 そのとき太陽光ビジネスは?

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート