太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ESI土肥社長が語るドイツ再エネ最前線

2019.08.30

PVeyePR

 再び世界の最先端を行くのか。ドイツの再エネ市場が覚醒しつつある。ドイツの事情に詳しいヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長がドイツのトレンドを語った。

 ドイツ市場ではいま、蓄電池の導入が急速に拡大しています。世界各国から蓄電池メーカーがどっと押し寄せ、競争が激化し、蓄電設備の価格が下がっていることも要因のひとつですが、何よりもドイツは電気代が非常に高いのです。太陽光発電設備と蓄電設備を購入して自宅で自家消費する方が遥かに経済的なのです。
 もっとも、ドイツでは以前、住宅用の太陽光発電まで全量売電する利用法が基本でしたから、いざ既設の太陽光発電設備で効率よく自家消費しようとすると、蓄電設備を活用する必要があったとも言えます。政府も積極的に蓄電設備の初期導入費を助成する補助金制度を実施したので普及に弾みがつき、いまや住宅用太陽光発電設備の所有者の実に60%以上が蓄電設備を導入していると言われています。
 このように、太陽光発電が住宅用の自家消費用途で導入量が再び伸び始めているのが、ドイツ市場の特徴ですが、一方でドイツを始め欧州では太陽光発電所の建設費が驚くほど下がっています。今年7月下旬、ポルトガルの入札で世界最安値の売電単価をさらに更新したというニュースがありました。価格は1MWhあたり14.8ユーロですから、日本円にしてkWhあたり1.74円です。ポルトガルは土地の造成費や日照時間など日本と異なるので、安易に比較はできませんが、日本の諸条件を加味すれば恐らく4.5円程度で売電するイメージではないでしょうか。
 この安価な再生可能エネルギー電力は、流通の常識も変えようとしています。ドイツでは、再エネ電力を電力卸売市場へ販売するFIP(フィードインプレミアム制度)の仕組みが整っていますが、電力卸売市場では再エネ電力がゼロユーロの評価額になる現象が起きているのです。つまり時間帯によって再エネの供給量が需要量を超えているというわけです。
 ドイツではFITが2000年にスタートしていますから、間もなく〝卒FIT〞の格安電力が市場に出てきます。数年後にはそれこそゼロ円の電力が大量に流通し始めると、これは大きな波紋を広げるでしょう。
 そこでドイツではここ最近、新しい試みが生まれています。ゼロ円の再エネ電力を使って水素を生成し、水素としてエネルギーをためようという取り組みです。まだ実証試験段階のようですが、この水素燃料化の技術が実用化されると、非常に面白いですね。
 水素ですから、燃料電池を介して電力や熱に変換できますし、燃料電池自動車が普及すれば、それこそ車の燃料としても利用できます。ドイツの再エネ市場は次のフェーズに入ったと言えるのではないでしょうか。


ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2019.11.01

PVeye

台風19号被害甚大示された分散電源の価値

 東日本を中心に猛威を振るった台風19号。数多の河川が氾濫し、住宅の浸水被害は5.3万棟を超えた。被災地へ入り、太陽光発電設備の被害と活用事例を追った。(本誌・飯渕一樹)

続きを読む

2019.11.01

PVeye

日出町メガソーラー問題泥沼化町議も民事訴訟を検討

 大分の再エネ会社、日出電機(渡邉浩司社長)がメガソーラー建設に反対していた町議会議員らを刑事告訴した問題で、議員側も、逆に日出電機を提訴する考えを示した。(本誌・平沢元嗣)

続きを読む

2019.09.30

PVeye

千葉大停電で太陽光が活躍 低圧発電所が非常電源に

 千葉の大停電で電力系統の脆弱性が改めて露呈したが、太陽光発電や蓄電池が活躍。事業用の低圧太陽光発電所も非常用電源として機能した事例もあった。(PVeye記者・岡田浩一)

続きを読む

2019.09.30

PVeye

架台施工不良で連系できず 施工店とメーカーが大揉め

 長野県の太陽光発電所で架台の施工不備が発覚し、系統連系が見送られることになった。施工会社と架台メーカーが揉めている。(PVeye・飯渕一樹)

 件の太陽光発電所は、長野続きを読む

2019.09.30

PVeye

日出電機、町議会議員らを告訴

 大分の販売・施工会社、日出電機は9月18日、日出町の町議会議員ら4人を建造物侵入の容疑で杵築日出警察署に刑事告訴した。同社が管理する太陽光発電所へ無断侵入を繰り返したという。(PVeye記者・平沢元続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

ESI土肥社長が語る 非常電源としての太陽光のあるべき姿

 千葉の大停電を踏まえ、非常用電源として太陽光発電設備はどうあるべきか。太陽光商社ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥社長が見解を述べた。

 千葉の大停電は、老朽化続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

両面発電パネルの強い味方 ファーウェイPCSで発電量を最大化

 PCS世界最大手の中ファーウェイ(華為技術)。最近の注目製品は両面発電パネルと相性のよい中型PCSだ。実力に迫った。

 発電量の向上を図るうえで、両面発電パネルの採用は続きを読む

2019.09.30

PVeyePR

自家消費時代の有力候補 屋根上に強いトリナの太陽光パネル

 自家消費用の太陽光発電設備の導入が進むなか、トリナの太陽光パネルの採用事例が増えている。なぜか。

 いま、太陽光発電の自家消費利用が増えている。
 蓄電池続きを読む

2019.08.30

PVeye

構造設計ガイドライン改訂 アルミ架台の仕様を追加

 今年7月、地上設置用太陽光発電設備の構造設計ガイドラインが改訂された。太陽光発電設備特有の設計上の注意点が盛り込まれたほか、付録にアルミ架台の構造設計例も加わった。アルミ架台の設計仕様については電技続きを読む

2019.08.22

PVeye

検査技術協会、宮城でメンテ研修開催へ 県内の施工会社対象

 日本太陽光発電検査技術協会(京都市)は9月20日、宮城県で太陽光発電設備の保守点検に関する研修を開催する。対象は宮城県に事業所を構える企業の社員。座学と実地研修をそれぞれ行い、実践に即した技術の普及続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年11月号

変化を捉え、商機を掴もう! 住宅用エネルギー設備 最新販売マニュアル

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート