太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

バックナンバーのご案内

PVeye 2018年12月号

特集

「朝令暮改のFITルール 揺らぐ国内太陽光市場」

運転開始期限のなかった太陽光発電所の開発案件まで規制がかかりそうだ。経済産業省は、運開期限のない未稼動案件に対し、「適正な売電単価を適用する」(経産省の山崎琢矢新エネルギー課長)と明言、事実上、売電単価を切り下げる方針を固めた。むろん、意図的に着工を遅らせて不当に高い利幅を得ようとする輩や、完成の見込みのない案件の権利を転売しようと企むブローカーの暗躍は、許されはしない。さりとて、法律で定めた制度を下部の告示変更で改定し、過去に遡って適用して投資家の権利と利益を奪う行為が、道義的に許されるだろうか。しかも経産省は、この期に及んで入札制度や住宅用太陽光発電のルールまで改定するつもりだ。度重なる変更で、いまや制度への信頼は崩れつつあるが、今回の改定案を細かく把握し、論点をまとめる。ともあれ、カギはFITに依存しない新しい事業モデルの構築である。(本誌・岡田浩一、楓崇志)

朝令暮改のFITルール

揺らぐ国内太陽光市場

いま太陽光発電業界が揺れている。事の発端は10月15日。経済産業省の審議会で浮上した「運転開始期限のない 未稼働案件に対するルール変更案」だ。 

 

徹底解説

10GW超が消滅か未稼働対策新ルール

経産省が、運開期限のない案件に期限を設け、早期の稼働が見込めない場合は売電単価を

引き下げる方針を固めた。

非難轟々のルール変更案を解説する。

 

「再エネ主力電源化に向け、適正な売電単価を適用する」

経済産業省山崎琢矢新エネルギー課長

 

「1兆円超の経済損失過去最悪の制度変更」

ベーカー&マッケンジー法律事務所

江口直明弁護士

 

「未稼働対策に理解も健全な事業者救済を」

東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構 髙村ゆかり教授

 

「燃料費ゼロの太陽光は将来世代への

プレゼント」

エネルギー戦略研究所山家公雄研究所長

 

機能不全の入札制対象範囲拡大へ

未稼働対策で騒然とするなか、来年度以降のFITに関する議論が始まった。入札制の対象

範囲を拡大する方向性が打ち出されるなど、

大幅に変更されそうだ。

 

標識・柵塀の設置義務で注意喚起

不適切案件には行政指導も

 

脱FIT一番手 住宅用太陽光のゆくえ

FITの売電期間を終える太陽光ユーザーの

登場を目前に、住宅用太陽光のルールが

定まってきた。FITに頼らない再エネ電源の

一番手となりそうだ。

 

目指すべきは、持続可能なエネルギー社会

 

地方見聞録【関東】

脱FIT待ったなし!変化に挑む販売・施工会社

日本最大の太陽光導入地域である関東は、

販売・施工会社が犇めく激戦区。脱FITを

睨み、新事業に乗り出す企業もあるが、まだまだ

模索段階だ。変化に挑む関東勢を追った。

(本誌・楓崇志、岡田浩一、平沢元嗣、

飯渕一樹)

 

「全量売電に区切り自家消費へ本格移行」

恒電社恒石隆顕社長全量売電案件の開発・販売に区切りをつけ、自家消費用太陽光発電

設備の販売へ大きく舵を切った恒電社(埼玉県北足立郡伊奈町)。恒石隆顕社長の狙いとは。

 

普及するか無償設置モデル関東の

販売・施工会社が続々提案

自家消費時代への期待が高まるなか、太陽光

発電設備の無償設置モデルを提案する関東の

販売・施工会社が増えている。

   

 

 

 

 

 

           

  •  

 

DMEGC

品質主義で世界へ展開 トップ5に照準

日本で存在感が増している中国の太陽電池

メーカー、DMEGC(横店集団東磁)。闇雲な生産拡張は控えつつ、虎視眈々と覇権を狙う。

     

  

    

自家消費時代の本命か

伊藤忠、蓄電池にAI搭載

伊藤忠商事は11月、AI機能を搭載した住宅用蓄電設備を発売した。蓄電設備を最適に

制御し、太陽光電力を効率よく自家消費できるというが、その仕組みとは。

 

あぜのきらめき[石川県]

第5回【施工】

蓄電設備の施工を請け負うには、

メーカーの施工IDを取得しなければならない。IDの取得方法や

施工時の注意点を押えておく。

  

 

フィールド開発パネル搭載雑草抑制ロボ発売へ

エリーパワー大規模VPP実証開始

日本PVプランナー協会全国会員大会開催

NTTスマイル事業戦略発表会開催

アプリックス太陽光付き情報送信端末開発へ

三井物産、VPP実証本格化

NPC、発電データ解析サービス開始

明成商会、太陽光売上20%増の150億円へ

大栄電設

代表取締役 滝川博

顧客とつながり、太陽光を続ける

   

再エネ電力を手軽に調達米国で広まるPPA

企業の環境経営への取り組みが

加速しています。

米国ではPPAが企業の再エネ調達の選択肢として浸透しており、電力料金の上昇リスクを回避できる点からも期待されます。

 

    

        

価格低減の切り札!「カリウムイオン蓄電池」開発が進展産総研が正極材を開発

価格低減の切り札とされる次世代型「カリウムイオン蓄電池」の研究で産総研は9月、有効な正極材を開発したと発表。

研究の進歩状況を聞いた。

   

 

        

 

藤崎電機グループ元顧問が贈賄
徳島地検が起訴

太陽光発電所を開発する藤崎電機グループの
元顧問が贈賄罪で起訴された。メガソーラー
建設地の農地転用で便宜を図ってもらうため、
農業委員に100万円渡したとされる。
同社は関与を否定しているが…。(本誌・平沢元嗣)

 

太陽光にアセス義務化も
対象は限定的か

環境省は、大規模な太陽光発電所の
開発に環境影響評価を義務化する
方向で検討している。周辺住民と
事業者の摩擦を減らす狙いだが、
対象の事業は限られそうだ。           

 

リープトンエナジー地上設置用アルミ架台発売

カナディアン・ソーラー・ジャパン産業用高出力パネル発売410W、19.89%

オムロン屋外仕様の住宅用単相PCS発売

     

  

 

    

 

   

世界市況データ(ポリシリコン、ウエハ、

セル、モジュールスポット価格)

東証インフラファンド市場における上場銘柄の株価推移

日本卸電力取引所におけるスポット市場の平均取引価格推移

国内太陽光関連企業決算データ

 

    

        

発刊日 1970年01月01日
定価 1,940円
コード 80109-11 4910801091182 01796

PVeye 2018年11月号

住宅用太陽光 再浮上の要諦

発刊日:
2018年10月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年10月号

電力小売り市場が激変!?再エネ新電力 存続の条件

発刊日:
2018年09月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年9月号

備えあれば憂いなし 災害に強い太陽光発電所 

発刊日:
2018年08月24日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年8月号

芽吹く自家消費 法人攻略のツボ

発刊日:
2018年07月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年7月号

太陽光+蓄電池で10円/kWhを突破できるか!?   コストダウンサバイバル

発刊日:
2018年06月25日
定価:
1,940円

詳細

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年12月号

朝令暮改のFITルール 揺らぐ国内太陽光市場

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート