太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

[特別対談第19回]未来を変える単結晶技術 ロンジ・ソーラー・テクノロジー秦超社長×ESI土肥宏吉社長

2017.12.01

PVeyePR

 ヨーロッパ・ソーラー・イノベーションの土肥宏吉社長とキーパーソンの特別対談。今回は、単結晶シリコン世界最大手、中国ロンジグループの日本法人を率いる秦超社長をお迎えして、単結晶技術の可能性について意見を交換した。

土肥氏●高品質と低価格という2大要求は、あらゆる製品に共通する普遍的なニーズですが、メーカーにとっては両要求を同時に叶えることは非常に難しいことだと思います。事実、多くの太陽電池メーカーさんが両面を追求して開発に腐心されていますが、現実には、恐らくほぼすべての製品がどちらかに偏っているように思えます。
 しかし、貴社の単結晶技術。これは、高品質と低価格の双方を満たす画期的な革新を起こす製品ではないかと、非常に期待しています。そこで、本日は単結晶技術の可能性についてお話をお伺いできればと思います。ではまず貴社の歴史や取り組みからお話しください。

秦氏●ロンジが単結晶シリコンインゴットとウエハの生産を始めたのは2000年です。創業者の李振国が、大学で物理学を専攻し、インゴットの引き上げの現場で経験を積んだ後にロンジを設立した経緯があるので、当社は創業時から一貫して単結晶技術を磨いてきました。14年からパネルの生産も始めましたが、生産するセル・パネルはすべて単結晶型です。
 年産能力は増やしています。インゴットとウエハは現在の12GWから年末までに15GWへ、来年末には25GWまで拡張します。パネルは現在5GWですが、年末に7GWへ増強し、来年末には10GWまで引き上げます。

土肥氏●圧倒的な生産規模ですね。単結晶だけでそこまでの生産能力を保有している企業はどこにもありません。単結晶の需要が世界的に拡大しているということなのでしょうが、貴社は主にどの市場へ製品を販売しているのでしょうか。

秦氏●単結晶ウエハは世界各国に出荷しています。恐らく単結晶セルを生産されているセルメーカーさんの多くが当社のお客様です。ただ、パネルは14年から2年間は中国国内に限定して販売していたので、海外展開は今年からです。日本以外では、欧米諸国とインド、そして豪州でも販売していますが、海外向けのパネル販売はトータルでも400MW程です。

土肥氏●日本市場への進出が後発ながら、貴社はパネル販売を好調に伸ばされているようですが、貴社のパネルがブルームバーグの「ティア1」に入っているなど、信用面の高い評価も関係しているのでしょうか。

秦氏●調査会社から評価していただいておりますが、エンドユーザーの認知は充分でなく、日本市場ではこれからだと思っています。今後も貴社のような有力な商社さんのお力をお借りして拡販していければと思っています。
 信用面は、当社の財務を見て評価いただいたのでしょう。当社は、お客様に価値ある製品を継続して提供していく方針です。適正な利益を確保していますから財務は健全です。上海証券取引所に上場しているので、決算書を見ていただければお分かりいただけると思います。特徴的なのは、毎年売上高の5%を研究開発に充てていることでしょう。研究開発にはかねてより力を入れ、専用の200MWラインで日々開発に勤しんでいます。

土肥氏●日本の太陽光発電市場は今後厳しくなると思いますが、どのような販売戦略をお持ちですか。確かに、高品質・高性能な単結晶パネルを割安に販売できるという商品力は大きな武器になると思いますが。

秦氏●現在はPERC技術を導入した60セルの300W品と72セル360W品が主力製品ですが、来年には60セル305W品と72セル365W品を発売します。
 市場が仮に縮小しても、単結晶は多結晶からの移行が進むために潜在需要はまだまだあると思っています。ただし、当社は多結晶メーカーさんを競争相手と捉えていません。化石燃料系のエネルギー会社がライバルになると考えています。

土肥氏●太陽光発電のコストは劇的に下がっています。FITがやがて終了すると、火力発電などの既存電力との競争になります。すでにそこを見据えていらっしゃるのでしょうね。
 ところで、私はさらなるコスト低減を実現していくうえで高効率化が鍵になると思っています。発電所開発のコスト構造を見ますと、目立つのが土地造成費と系統連系費です。系統連系費はなかなか切り込む余地がないのですが、土地造成費はパネルの高効率化によって削減できます。高効率であればあるほど、設置面積を抑えることができ、それによって土地代も減りますが、それ以上に造成費の削減が可能になります。これは非常に重要な要素です。しかし、単結晶型のコストをここまで下げることができたのは、ほかでもない貴社の功績だと思いますが、どのような努力があったのでしょうか。

秦氏●自動化率の最適化と単結晶インゴットの引き上げ技術およびスライシング技術の進化です。
 自動化率の最適化については、手作業の方が適している工程を見極めてバランスをとって自動化を進めることが重要です。
 単結晶インゴットの引き上げ技術については、多結晶と異なり、市販の装置を購入すれば生産できるというものではありません。装置の改良が重要で、そこにノウハウがあります。
 スライシング技術については、ダイヤモンドワイヤをいち早く導入し、サプライヤーと協力して国産化しましたが、これよって生産効率を3倍に向上させました。

土肥氏●弛まぬ努力と技術革新の上に貴社の成功があるのですね。単結晶技術で太陽光発電の未来が変わるといっても過言ではありません。今後の活躍に期待しています。本日はありがとうございました。

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社
〒100-6512 東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビル12階
TEL:03-6757-9065
FAX:03-6757-9066
http://www.e-solar.co.jp

2017.12.01

PVeyePR

中国でも人気ナンバー1ファーウェイPCSを選ぶ3つの利点

 PCS(パワーコンディショナ)の累計出荷量が、今年10月時点で50GWを超えた中・ファーウェイ(華為技術)。中国政府が支援するトップランナープロジェクトで過半数のシェアを獲得し、中国でも不動の人気を続きを読む

2017.12.01

PVeye

アンフィニ福島新工場の厳格な品質管理

 太陽光パネルを製造するアンフィニ(親川智行社長)の福島新工場が本格量産に入った。とくに品質管理が厳格で、パネルの全数検査の依頼が舞い込むほど。責任者の小寺直人常務に話を聞いた。
続きを読む

no image

2017.11.30

PVeye

関電グループ、京都府精華町に太陽光発電所

 関西電力グループの関電エネルギーソリューション(大阪市北区、白井良平社長)は11月30日、京都府相楽郡精華町の関西電力所有地に太陽光発電所を建設すると発表した。2018年9月の運転開始を目指す。続きを読む

2017.11.30

PVeye

エグテック、営農用太陽光で稲作を実現 追尾架台が活躍

 太陽光発電設備の施工会社、エグテック(奈良県天理市、江口正司代表)は11月30日、奈良県内の水田に建てた営農用太陽光発電設備の下で米を収穫したと発表した。稲作用の大型農業機械への干渉を避けるため、可続きを読む

no image

2017.11.21

PVeye

トーホー・北関東で太陽光設備稼働 自家消費利用へ

 食品卸大手のトーホー(神戸市東灘区、古賀裕之社長)は11月21日、子会社のトーホー・北関東に設置した太陽光発電設備を30日から稼働すると発表した。栃木県宇都宮市の社屋に合計280kW規模の太陽光パネ続きを読む

no image

2017.11.09

PVeye

香川県の2.6MW水上メガソーラー稼働 三菱電機製パネル採用

 三菱電機(東京都千代田区、柵山正樹社長)は11月9日、太陽光パネルを納入した香川県木田郡の水上メガソーラーが竣工したと発表した。出力は2.6MW、同社がパネルを納入した水上メガソーラーとしては最大と続きを読む

no image

2017.11.01

PVeye

SBエナジー、無制限抑制下で100MW級メガソーラー開発へ

 太陽光発電所を開発するSBエナジー(三輪茂基社長)は11月1日、北海道八雲町に出力102.3MWの太陽光発電所を建設すると発表した。無制限・無補償の出力抑制の対象案件だが、事業性を確認し、2018年続きを読む

no image

2017.11.01

PVeye

山口県で17.3MWメガソーラー運転開始 太陽石油ら3社合弁

 太陽石油(東京都千代田区、岡豊社長)は11月1日、山口県宇部市および山陽小野田市の山口事業所隣接地において、大規模太陽光発電所を竣工、営業運転を開始したと発表した。出力は17.3MWである。
続きを読む

no image

2017.11.01

PVeye

ネクストエナジー、発電量シミュレーション補償付き低圧パッケージ発売

 ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市、伊藤敦社長)は11月1日、発電量シミュレーション補償付きの低圧太陽光発電設備向けパッケージ商品を発売すると発表した。
 同社が新発売続きを読む

2017.11.01

PVeyePR

新たな時代を切り拓く! 屋根上太陽光の魅力と可能性

 世界トップの高性能パネルを製造する米サンパワー社と、先進的な屋根借り発電事業を展開する第二電力。協業する両社は、屋根上の太陽光発電に可能性を見出している。サンパワージャパンの田尻新吾社長と第二電力の続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2017年12月号

斜陽のメガソーラー このまま終わるのか!?

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ