太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

ファーウェイ、低圧用新製品受注開始

2019.09.30

PVeyePR

 PCS世界最大手の中国ファーウェイが5月、低圧太陽光発電所用の新型PCSを発売した。従来品の特長をそのままに機能を拡充。今夏にはJET認証を取得し、低圧域での展開を強める構えだ。

 新製品は出力が4.95kW、変換効率が97%の低圧太陽光発電所用のPCS(パワーコンディショナ)である。同社はこれまで低圧用として2種類のPCSを揃えてきたが、いずれも販売http://www.pveye.jp/images/md/filter/m/img/20190930011521.pngは年内で終了。来年以降は、新製品に一本化するという。

300%過積載に対応

 新製品の特徴は3点ある。1点目は、300%以上の過積載設計ができることだ。たとえば、EPC(設計・調達・建設)業者が新製品を10台設置して出力49.5kWの低圧太陽光発電所を設計する際、太陽光パネルは150kW以上設置できる。従来品では、過積載率200%までしか対応していなかったが、低圧であっても100kW以上パネルを並べるEPC業者が増え始め、同社は改良を加えた。
 2点目は、力率を95%に制御した際にも定格出力が変わらないこと。力率の制御は、逆潮流電力が多量に流れて電圧が上昇してしまうのを防ぐために電力会社が講じる措置だ。通常力率を制御すれば、その分定格出力が低下し、発電量は減ってしまうが、同社の新製品はその心配がない。
 そして3点目は、発電量の遠隔監視機能が標準で搭載されていることである。発電事業者は、SIMカードさえ用意すれば、製品の保証期間である10年間は無償で同サービスを利用できる。つまり別途数十万円する遠隔監視装置を購入することなく、発電所の遠隔監視が可能になる。
 これら新機能に加えて、既存の低圧用PCSが有していた特徴も引き継いでいる。
たとえば、2回路のMPPT(最大動作点追従機能)を備えた点だ。MPPTは、発電量が最大になるように電流と電圧を調整する機能であり、回路数が多いとその分発電量が増えると言われている。同社の製品のように、低圧用小型機で2回路のMPPTを備えた機種は多くない。
 また、新製品は、従来品同様設置費用の低減に寄与する仕様になっている。重量は約12㎏で、設置時に特殊な工具は必要なく、電気工事士であれば簡単に取りつられる。同社によると、作業者が1人の場合、PCS1台あたりの設置時間は30分、10台設置しても5時間程で済むという。このほか、同社のPCSには外部ファンやヒューズなどの壊れやすい部品が使用されていないので、その分発電事業者の費用負担を抑えられるだろう。
 スマートソーラー事業部の秦文プロダクトディレクターは「PCSの提供を通じて、周辺機器代やO&M費用を抑える努力をする、というのが当社の開発コンセプトです。万が一故障した際も、電気工事士であれば簡単に取り替えられますから、売電損失が少なくて済みます」と強調する。
 さらに同社は、新製品の発売にあわせて交流終電箱を一新。内部に発電量データの収集装置を内蔵させた。オーナーはデータ収集装置を取り寄せて設置する手間が省ける。なお、PCSの筐体の保護等級はIP65。重塩害地域にも設置できる。

低圧市場開拓に本腰

 従来から低圧用PCSを商品化していたとはいえ、同社のPCSの出荷先は、大半が高圧太陽光発電所や特別高圧太陽光発電所の案件だ。それがなぜ、ここに来て低圧用の新製品を発売したのか。
 秦プロダクトディレクターは、「日本では低圧太陽光発電所は毎年1GW程度建設されています。確かに当社の主力は今、高圧・特別高圧向けの製品ですが、お客様からはことあるごとに低圧向けの製品を求められてきました」とし、「今後日本では低圧市場は安定的に推移していくでしょう。当社としても低圧市場の開拓に力を入れていきたいと考えています」とし、こう続ける。「当社は7年前にPCSの製造を開始してから昨年末までに90GWものPCSを出荷しました。その責任は重大です。当然、この先もその責任を果たし続けていきます」。

2019.07.30

PVeyePR

完全自家消費を支援する ウェーブエナジーの制御システム

 自家消費時代の夜明けを迎えた太陽光発電市場で、欠かせない新商品が登場した。ウェーブエナジーが開発した完全自家消費を可能にする制御システムである。新時代のマストアイテムとなりそうだ。
<続きを読む

2019.06.30

PVeyePR

ファーウェイ、PCS内蔵のI-Vカーブ測定機能を改良 中国展示会で最優秀賞

 PCS世界最大手、中国ファーウェイは今夏、オプションでPCSに搭載しているI-Vカーブ測定機能を改良した。AIを活用して精度を高めた。世界最大級の太陽光発電の展示会で最優秀賞を受賞した。
続きを読む

2019.05.30

PVeyePR

タオケイ、新商品発売 遠隔監視とウェブカメラをセットに

 監視装置製造の中タオケイは5月、遠隔監視装置とウェブカメラを組み合わせた新商品の受注を開始した。どのような機能があるのか。

 FITの開始から7年が経ち、太陽光発電所の続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

トリナ、410W品など新製品4種発売

 太陽光パネル世界大手のトリナ・ソーラーは3月、新製品4種を発売した。従来品よりも出力と効率も高めた。メガソーラーから住宅用まで全方位に販売する。

 トリナは、『高効率』続きを読む

2019.04.30

PVeyePR

発電所の運営費削減を図るなら ファーウェイのPCSで決まり

 日本で好評の中ファーウェイ製PCS。人気の秘密は、高い発電量が期待できるうえ、太陽光発電所の運営費低減に寄与する機能と顧客目線のアフターサポートにあるようだ。売価14円時代を乗り越える鍵がここにある続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

ESI、住宅用太陽光発電設備を堂々商品化

 太陽光関連商材を販売するESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が、このほど住宅用太陽光発電設備を独自に商品化した。その狙いとは。

 ESIの強みは、まず製品の供続きを読む

2019.04.01

PVeyePR

インリージャパンセミオフグリッドシステム商品化

 中国太陽電池製造大手、インリー・グリーンエナジーの日本法人が来春、太陽光発電設備とV2H機器からなるセミオフグリッドシステムを商品化する。全国のビルダーや販売・施工会社に提供していく構えだ。
続きを読む

2019.01.29

PVeye

シナネン、創・蓄電設備とV2Hのセット商品発売

 エネルギー関連商社のシナネン(東京都港区、三枝木俊美社長)は2018年11月、太陽光パネル付きカーポートと蓄電設備、EV(電気自動車)の電力を家へ供給するV2H機器を組み合わせた商品を発売した。ニチ続きを読む

no image

2018.12.26

PVeye

昭シェルとソーラーフロンティア、卒FIT電源の余剰買取りへ 19年11月から

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長)とソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は12月26日、FITによる売電期間満了後の住宅用太陽光発電設備を対象とした余剰電力買取りサービスを2019続きを読む

2018.12.18

PVeye

ネクストエナジー、1500V対応パネル発売

 ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市、伊藤敦社長)は12月18日、直流電圧1500V対応の太陽光パネルを発売すると発表した。
 同社が新発売するのは、単結晶太陽光パネル「続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2019年10月号

再エネをつくり続けよう! 発電所開発ガイド2019

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート