太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

Daily eye

SMAのパワコンが売れる理由 世界トップの製品力、供給力を探る

2013.07.06

PVeye PR

 太陽光発電用PCS(パワーコンディショナ)の世界最大手、独SMA・ソーラー・テクノロジーが日本市場で販売シェアを伸ばしている。電力変換効率98%という高い性能に加え、豊富な実発電量、そして屋外のあらゆる場所に設置できる適応性が、圧倒的な商品訴求力を生み出している。しかも年11.5GWという世界最大の生産能力と1000種に及ぶ製品数は他社の追随を許さない。世界トップメーカーの実力を探る。

大型パワコン、品揃え拡充 世界標準1000V仕様品も

 SMA製のPCSが日本市場で認知され始めたのは、日本法人エス・エム・エイ・ジャパン(=SMAジャパン、本社・東京都港区、村上吉見代表取締役)がメガソーラー用のPCS『SUNNY CENTRAL』を発売した2012年9月頃からである。定格出力500kWで直流入力電圧範囲600Vと、日本仕様にカスタマイズされていたため、一部の太陽光発電所に導入された。当初は海外製ということもあって、採用に慎重なユーザーも少なくなかったが、同製品に対する理解が進むにつれ、受注は急増していく。
 『SUNNY CENTRAL』の特長は、第一にPCSの変換性能の高さにある。電力変換効率が最大98%と世界最高水準であるうえ、早朝や夕方など日射量の少ない低照度時での立ち上がりが早く、トータルの実発電量が多い。それがPCSのパフォーマンスを厳しくチェックする発電事業者の間で同製品の評価が上がった所以である。
 第二に、あらゆる場所にそのまま据え付けられる屋外設置型であること。これは他社にないSMA独自の特長だ。国産PCSは、PCS本体をコンテナの内部に設置し、冷却用の空調設備を組み込まなければならないが、同社のPCSはこの必要がない。
 PCSを覆う筐体が塩害にも強い堅牢なつくりであるうえ、筐体内で電気機器内臓の密閉エリアと外気を取り込む吸気エリアとを隔離することで熱を逃がす、SMA独自の放熱技術が、それを可能にしたのである。
 この仕組みはランニングコストの大幅低減に繋がる。他のPCSの場合、冷却用の空調設備を稼動させるために電力がいるが、『SUNNY CENTRAL』はその電力が不要だ。経済的メリットが大きいのはいうまでもない。
 この既存製品にも充分優位性はあるが、SMAジャパンは今年4月、『SUNNY CENTRAL』の新機種の販売を開始した。直流入力電圧範囲1000V、定格出力700kWの大型機であるが、これは従来機の世界標準版で、同社にとっては日本仕様にカスタマイズする以前の標準品でもある。
 注目すべきは、同社が直流入力電圧範囲1000VのPCSを日本で発売したこと。日本では、固有の電力事情によって太陽光発電所の直流電圧は600Vというのが常識。1000V仕様の太陽光発電所はごく一部に過ぎず、まだ普及していない。しかし、太陽光発電所を1000V仕様にすれば、PCSの電力変換効率は向上し、定格出力も上がる。専用ケーブルの価格がさらに下がれば、確実に初期建設費を抑えられる。それだけに、ここに来て徐々にその利点が浸透し始めている。
 SMAジャパンの村上代表取締役は、「現状は1000Vの太陽光発電所が日本で建設されるケースは少ないが、1000Vはグローバルスタンダードです。経済的メリットも非常に大きいので、数年内には増えていくでしょう。当社は今後の市場動向を見据えて発売しました」と語る。

小型パワコン提案強化 新型3相10kW発売へ

 その一方で、SMAジャパンは小型PCS『SUNNY BOY』の販売も伸ばしている。扱っているのは定格出力4.5kWと同3.5kWの2機種だ。自立運転機能を標準搭載し、2012年6月にJET(電気安全環境研究所)の認証を取得。同年7月末には第三者機関で11台連系した並列運転試験も実施済みだ。電力変換効率は最大96.7%と高く、屋外設置型で高耐久性が特長。同社は10年間の製品保証を実施している。
 『SUNNY BOY』は、住宅用太陽光発電向けの出荷が堅調であることに加え、低圧線への接続となる出力50kW未満の小規模産業用マーケットが急速に伸びているため、この分野への販売も大幅に伸ばしている。
 それでも提案力をさらに強化するため、SMAジャパンは3相10kWタイプの新製品、『SUNNY TRIPOWER』の発売を計画、現在JET認証を申請している。これも電力変換効率が96.5%と高く、他の機種と同様に完全屋外設置型である。
 こうした製品力をより活かすために、SMAジャパンは顧客サービスにも力を入れている。日本での販売拠点という機能にとどまらず、マーケットリサーチに基づく新商品の企画立案から製品の交換からメンテナンス、技術サポートまで体制を整えた。そこには、日本市場で長期間事業を継続し、徹底した顧客サービスを実施していくという強い気概が伺える。
 村上代表取締役は、「SMAは、実は10年前から日本市場への参入を計画していました。そこが、FIT(全量買取り式の固定価格買取り制度)の導入を機に日本進出を決めた他の海外メーカーとは異なるところです。ですから今後、仮に日本市場が縮小に転じたとしても、我々は日本のお客様に製品を供給し、長期に亘ってサポートしていきます」と強調した。

エス・エム・エイ・ジャパン株式会社
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビル8階
TEL:03-3451-9532 FAX:03-3451-9432
HP:http://www.sma-japan.com/

no image

2017.04.21

PVeye

経産省、FIT認定失効の暫定推計値を公表 27.7GWが認定失効と推計

 経済産業省は4月21日、改正FIT法施行に伴う認定失効についての暫定推計値を公表、27.7GWと推計した。未稼働案件の約半分が認定失効した模様だ。
 今回のFIT改正により、2017年続きを読む

2017.04.19

PVeye

TMEIC、電極接合装置3台を受注 世界最大のCIGS太陽電池工場向けに

 東芝三菱電機産業システム(東京都中央区、山脇雅彦社長、以下TMEIC)は4月19日、中国建築材料集団傘下のCIGS薄膜太陽電池メーカーであるTriumph PV Materials社向けに、電極接合続きを読む

no image

2017.04.19

PVeye

SBエナジー、米インベナジー日本法人と太陽光発電事業 福島と長野、合計21MW

 ソフトバンクグループのSBエナジー(東京都港区、孫正義社長)は4月19日、自然エネルギー発電事業を手掛ける米国・インベナジーの日本法人であるインベナジー・ジャパン(東京都千代田区、天野明職務執行者)続きを読む

no image

2017.04.12

PVeye

Looop、茨城の8.8MW発電所連系 GEの1500V対応PCS採用

 Looop(東京都文京区、中村創一郎社長)は4月12日、茨城県水戸市鯉淵町において、総出力8.8MWの太陽光発電所を系統連系したと発表した。同社最大規模の自社発電所であり、直流電圧1500Vを採用し続きを読む

2017.04.12

PVeye

ソーラーフロンティア、米国で40MWプロジェクト販売

 昭和シェル石油グル―プでCIS薄膜太陽電池大手のソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は4月12日、米国カリフォルニア州インペリアル郡において、40MW規模の「ミッドウェイII太陽光発電プ続きを読む

2017.04.10

PVeye

NTTスマイル、O&M支援サービスに料金請求代行メニュー追加

 太陽光発電向け遠隔監視サービス大手のNTTスマイルエナジー(大阪市中央区、谷口裕昭社長)は4月10日、 太陽光発電システムの販売会社向けO&M(管理・保守)支援サービスである『エコめがね見守りアラカ続きを読む

2017.04.06

PVeye

シャープ、住宅向け蓄電システムと太陽光パネルの新製品発売

 シャープ(大阪府堺市、戴正呉社長)は、住宅用エネルギー機器のラインナップを拡充した。クラウド蓄電池システムや単結晶太陽光パネルなど4機種を新たに発売する。太陽光エネルギーの自家消費利用やZEH(ネッ続きを読む

2017.03.30

PVeye

日本アジアG、離島に太陽光など分散電源設置

 日本アジアグループ傘下の国際航業(東京都千代田区、土方聡社長)は3月30日、東京都神津島村より太陽光発電設備と蓄電池、EV(電気自動車)を組み合わせた再生可能エネルギー活用事業を受託し、設備設置を2続きを読む

2017.03.30

PVeye

バイタルフォース、低圧向けメンテナンスサービス販売開始

 太陽光発電システムの部材販売などを手掛けるバイタルフォース(東京都千代田区、澤井孝夫社長)は、50kW未満の低圧太陽光発電所向けにメンテナンスパッケージの提供を開始した。割安な価格設定で差別化を図っ続きを読む

2017.03.28

PVeye

コンテック、出力制御対応の新太陽光発電監視パッケージ発売へ

 電子機器メーカーのコンテック(大阪市西淀川区、藤木勝敏社長)は3月28日、太陽光発電用PCS(パワーコンディショナ)の出力制御機能を搭載した新しい太陽光発電監視システムの製品を、4月3日より発売する続きを読む

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2017年5月号

O&M時代始まる問われる自覚と責任

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

エネルギー改革を読み解くバイブルENERGYeye/エナジーアイ