太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

バックナンバーのご案内

PVeye 2018年8月号

芽吹く自家消費 法人攻略のツボ

【第一特集】芽吹く自家消費 法人攻略のツボ 工場や事業所の屋根に太陽光発電設備を 設置し、事業者が自ら電力をつくって使う 自家消費。法人向け提案の糸口を探る。 【第二特集】農業振興を目的とせよ!問われる営農発電リテラシー 農地の一時転用許可期間が条件つきで3年から10年に 延長された。一方で事業者のリテラシーが 問われている。

発刊日:
2018年07月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年7月号

太陽光+蓄電池で10円/kWhを突破できるか!?   コストダウンサバイバル

エネルギー基本計画案で、またしても太陽光発電業界は不条理な要求を突きつけられた。 すなわち、太陽光発電+蓄電池で発電コスト 10円/kWhへの低減だ。 実現できれば、経済的に自立した脱炭素化電源として、 「主力電源」なる称号を与えてくれるらしいが、 できなければ、最悪のシナリオもあり得る。 ならば、業界をあげて乗り越えていくしかない。 〝コストダウン サバイバル〟を勝ち抜いて、持続可能な エネルギー社会を切り拓こう。

発刊日:
2018年06月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年6月号

成長か停滞か O&M市場の理想と現実

言うまでもなく、あらゆる事業活動は、収益を確保できなければ続かない。それは太陽光発電所のO&M(管理・保守)事業も然りだ。如何なる美辞麗句を並べても、採算の合わない事業ならば、健全な市場は形成されないのである。では、太陽光発電所のO&Mは〝事業〟として成り立つのか。O&M市場の理想と現実に迫った。

発刊日:
2018年05月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年5月号

〝最強中国〟の実相と趨勢

中国の勢いが凄まじい。 世界の太陽光パネル生産に占める中国の生産シェアが 実に85%を超え、それらを呑み込む莫大な需要も自国に創り出した。〝最強中国〟の実相に迫り、趨勢を占う。

発刊日:
2018年04月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

福島原発事故から7年。 被災地はいまだ閑散としているが、 太陽光企業が工場を建設し、雇用が生まれつつある。 人の住めない更地にはメガソーラーが建ち、 街づくりにも太陽光発電が活用され始めた。 被災地に〝太陽光〟が差し込んだ。

発刊日:
2018年03月23日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年3月号

掘り起せ!自家消費需要 PCSと蓄電池の深まるカンケイ

太陽光発電業界では、各社がFIT依存からの脱却を合言葉に新ビジネスの構築を急いでいるが、目指すところはほぼ絞られてきた。すなわち、自家消費需要の掘り起こしである。 そのためには、太陽光発電の弱点を補完する蓄電池との連携が欠かせない。蓄電池と密接な関係にあるPCS(パワーコンディショナ)メーカーは、早くも住宅用の一体型PCSや蓄電システムを開発、さらには工場への自家消費提案も本格化させている。 とはいえ、自家消費市場はまだまだ黎明期。PCSと蓄電池の深まるカンケイに迫り、新ビジネス創出への糸口を探る。

発刊日:
2018年02月24日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年2月号

太陽光関連マーケット 業種別分析2018

FIT依存からの脱却に向け、新たなビジネスモデルの構築が急務だが、FIT売電モデルに代わる新商機はなかなか見つからない。 そこで小誌は、太陽光発電をはじめ、関連商品の市場を細かく分析した。 新事業を打ち立てる手掛かりのひとつにしてほしい。

発刊日:
2018年01月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年1月号

太陽光発電ビジネス 2018年の新潮流

良くも悪くも改正FIT法に踊らされた2017年の太陽光発電ビジネス。 18年にはどのような世界が待ち受けているのか。 FITの売電期間が終わる住宅用太陽光発電の登場が間近に迫るなか、新たな潮流が生まれるかもしれない。 17年を振り返り、18年の新潮流を探る。

発刊日:
2017年12月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年12月号

斜陽のメガソーラー このまま終わるのか!?

FIT制度の導入を契機に、勃興したメガソーラー市場。いまや5000ヵ所以上、出力換算で11GWに及ぶメガソーラーが全国各地に誕生した。 だが、FITの売電単価が減額され、新規開発は低迷。未稼働案件の多くも、3年の運転開始期限が課せられたため、遅くとも2020年3月には稼働する。このままでは建設需要が先細りし、やがては消滅しかねない状況だ。 それゆえ、ある事業者は「メガソーラーは終わった」と言い放ったが、果たしてそうなのか。かつて3兆円まで膨張した市場が、あっけなく、時代の波間に泡ときえてしまうのだろうか。

発刊日:
2017年11月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年11月号

FITビジネスを超える!? U-50勝利の方程式

出力50kW未満の太陽光発電〝U-50(アンダー50)〟で地殻変動が起こりつつある。 FIT売電に加え、O&M(管理・保守)サービスや自家消費利用など事業が多様化してきた。 U-50の人気エリア、関東の動向を糸口にU-50の勝利の方程式を探る。

発刊日:
2017年10月25日
定価:
1,940円

詳細

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年8月号

芽吹く自家消費 法人攻略のツボ

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ