太陽光発電の専門メディア PVeye WEB

バックナンバーのご案内

PVeye 2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

福島原発事故から7年。 被災地はいまだ閑散としているが、 太陽光企業が工場を建設し、雇用が生まれつつある。 人の住めない更地にはメガソーラーが建ち、 街づくりにも太陽光発電が活用され始めた。 被災地に〝太陽光〟が差し込んだ。

発刊日:
2018年03月23日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年3月号

掘り起せ!自家消費需要 PCSと蓄電池の深まるカンケイ

太陽光発電業界では、各社がFIT依存からの脱却を合言葉に新ビジネスの構築を急いでいるが、目指すところはほぼ絞られてきた。すなわち、自家消費需要の掘り起こしである。 そのためには、太陽光発電の弱点を補完する蓄電池との連携が欠かせない。蓄電池と密接な関係にあるPCS(パワーコンディショナ)メーカーは、早くも住宅用の一体型PCSや蓄電システムを開発、さらには工場への自家消費提案も本格化させている。 とはいえ、自家消費市場はまだまだ黎明期。PCSと蓄電池の深まるカンケイに迫り、新ビジネス創出への糸口を探る。

発刊日:
2018年02月24日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年2月号

太陽光関連マーケット 業種別分析2018

FIT依存からの脱却に向け、新たなビジネスモデルの構築が急務だが、FIT売電モデルに代わる新商機はなかなか見つからない。 そこで小誌は、太陽光発電をはじめ、関連商品の市場を細かく分析した。 新事業を打ち立てる手掛かりのひとつにしてほしい。

発刊日:
2018年01月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2018年1月号

太陽光発電ビジネス 2018年の新潮流

良くも悪くも改正FIT法に踊らされた2017年の太陽光発電ビジネス。 18年にはどのような世界が待ち受けているのか。 FITの売電期間が終わる住宅用太陽光発電の登場が間近に迫るなか、新たな潮流が生まれるかもしれない。 17年を振り返り、18年の新潮流を探る。

発刊日:
2017年12月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年12月号

斜陽のメガソーラー このまま終わるのか!?

FIT制度の導入を契機に、勃興したメガソーラー市場。いまや5000ヵ所以上、出力換算で11GWに及ぶメガソーラーが全国各地に誕生した。 だが、FITの売電単価が減額され、新規開発は低迷。未稼働案件の多くも、3年の運転開始期限が課せられたため、遅くとも2020年3月には稼働する。このままでは建設需要が先細りし、やがては消滅しかねない状況だ。 それゆえ、ある事業者は「メガソーラーは終わった」と言い放ったが、果たしてそうなのか。かつて3兆円まで膨張した市場が、あっけなく、時代の波間に泡ときえてしまうのだろうか。

発刊日:
2017年11月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年11月号

FITビジネスを超える!? U-50勝利の方程式

出力50kW未満の太陽光発電〝U-50(アンダー50)〟で地殻変動が起こりつつある。 FIT売電に加え、O&M(管理・保守)サービスや自家消費利用など事業が多様化してきた。 U-50の人気エリア、関東の動向を糸口にU-50の勝利の方程式を探る。

発刊日:
2017年10月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年10月号

羽ばたく日本勢 拡がるPVワールド

国内の太陽光発電市場が成熟し、世界に目を向ける企業が増えてきた。果たしてグローバル企業は誕生するのか。世界に挑む日本勢の足跡と可能性を追った。

発刊日:
2017年09月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年9月号

太陽光発電の支持率回復へ!今放て〝3本の矢〟

太陽光発電に対するイメージが悪化している。 メガソーラー建設への反対運動や不良施行による太陽光発電の倒壊事故が取り沙汰されているからだろうか。一部の販売会社による悪徳な訪問販売のせいかもしれない。あるいは、太陽光発電の普及が、電力の安定を阻害し、電気代の高騰を招くとする言説が喧伝されたためなのか。 太陽光発電の支持率回復へ、放つべき〝3本の矢〟をまとめた。

発刊日:
2017年08月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年8月号

乗り遅れるな! 時代は 〝IoPV〟

モノがインターネットに繋がるIoT(=Internet of Things)。 最近よく耳にする新しい概念であるが、実は太陽光発電業界、早くからIoTを取り入れてきた。 時代は、太陽光発電がインターネットに繋がる〝IoPV〟だ。 至る所で始まったIoPVの事例を紹介していく。

発刊日:
2017年07月25日
定価:
1,940円

詳細

PVeye 2017年7月号

自家消費の攻め方 改正FIT法の守り方

いま自家消費ビジネスが熱い。 発電で津美のコストが下がり、補助金や税制優遇も活用できるため、投資メリットが出てきたのだ。その一方で、今年4月に施行された改正FIT法。間もなく3ヵ月が経過するが、新規認定作業が大幅に遅れるなど、制度変更に伴う混乱が生じている。 ならば、いち早く自家消費ビジネスを始めつつ、改正FIT法にも抜け目なく対応しなくてはならない。すなわち、自家消費は攻め、改正FIT法は守りだ。攻守合わせて7つの鉄則をまとめた。

発刊日:
2017年06月23日
定価:
1,940円

詳細

PR

  • 株式会社ウエストホールディングス

商品を購入するにはアカウント登録が必要です。

ログインID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

まだアカウント登録をされていない方は、お申し込み区分を選択し、新規アカウント登録をおこなってください。

法人 個人

16%オフ 年間購読の割引実施中! 購読お申込み

株価情報

PV銘柄株価ランキング TOP10(日本)

一覧

1 大東建託 13535.00
2 TDK 8750.00
3 東京エレクトロン 8743.00
4 ローム 8100.00
5 信越化学工業 8032.00
6 光通信 7800.00
7 ダイキン工業 7775.00
8 京セラ 6047.00
9 JCU 5480.00
10 オムロン 5150.00

PV銘柄株価ランキング TOP10(NYSE/NASDAQ)

一覧

1 3M Co 164.36
2 International Business Machines Corp. 158.50
3 Komax Holding AG 158.00
4 United Technologies Corporation 119.43
5 Siemens AG 107.85
6 Honeywell International Inc. 101.87
7 Pall Corporation 100.17
8 Illinois Tool Works Inc. 97.77
9 Littelfuse, Inc. 97.30
10 Nordson Corporation 75.41

PV銘柄株価ランキング TOP10(EU)

一覧

1 KSB AG 476.95
2 Linde AG 189.15
3 Air Liquide 120.70
4 Wacker Chemie AG 113.70
5 Henkel AG & Co KGaA 106.90
6 BASF SE 90.00
7 Arkema SA 73.16
8 KUKA AG 72.18
9 Aurubis AG 55.10
10 ASM International NV 42.90

PV銘柄株価ランキング TOP10(韓国)

一覧

1 LG Chem Ltd 235000.00
2 SK Holdings Co, Ltd. 164500.00
3 EO Technics Co., Ltd. 136100.00
4 Samsung SDI Co Ltd 132500.00
5 Oci Co Ltd 110000.00
6 Hyosung Corp 72200.00
7 LG Electronics Inc. 59700.00
8 Kolon Industries Inc 50000.00
9 Samsung Fine Chemicals Co Ltd 36150.00
10 SKC LTD 32750.00

最新号のご案内

2018年4月号

被災地に差し込む一筋の〝太陽光〟

詳細

太陽光発電の専門メディア PVeye e-book バックナンバー電子書籍サービススタート

ENERGYeye/エナジーアイ